Core Web Vitals とは

Core Web Vitals とは

Core Web Vitals とは、サイトの健全性を示す重要指標です。Google は、Web ページにおけるユーザ体験の向上を目指して Web Vitals というコンセプトを導入しました。Web Vitals を数値化するため、特に重要な 3 つの指標をまとめて Core Web Vitals と呼びます。

具体的に 3 つの指標とは、以下を指します。

  • Largest Contentful Paint (LCP)
  • First Input Delay (FID)
  • Cumulative Layout Shift (CLS)

LCP は、ページで最も重要な役割を持つコンテンツが読み込まれるまでの時間を表します。例えば、そのページで主役になる画像や動画が対象になります。記事だけのコンテンツでは見出しになるかもしれません。そのページで何が重要なコンテンツなのかは、ページの作り手と読み手の両方に依存するため標準化は難しいですが、ユーザー体験により繋がるであろう指標として期待されています。

FID は、ユーザが最初の入力を実行できるようになるまでの待機時間を表します。例えば、クリック押下、キー押下、タッチ操作などです。FID が遅延した場合、ページが表示されていても、操作を受け付けるまでにしばらく待たされることがあります。

CLS は、レイアウトの移動を示す指標値です。例えば、ページの読み込み時に画像や広告が遅延して読み込まれ、記事やボタンの位置がズレてしまい、誤操作によってユーザ体験を損ねてしまうなどです。

A screencast illustrating how layout instability can negatively affect users.
(image credits : First Input Delay (FID))

Core Web Vitals がランキングの要因になるのは 2021 年以降になります。また、導入の少なくとも 6 ヶ月前には事前アナウンスが予定されています。

Core Web Vitals を測定するツール

Core Web Vitals を測定するために Google は以下のツールを提供しています。

Search Console は Core Web Vitals に基づいた状態をレポートするようにアップデートされています。

Search Console「ウェブに関する主な指標」レポート
Search Console「ウェブに関する主な指標」レポート

レポートのステータスは、以下の基準によって判定されます。判定条件は、そのページの 75 パーセンタイルが対象となります。例えば LCP では、そのページのアクセスの 75 % が 2.5 秒未満であれば「良好」、4 秒を超えていれば「低速」として判定されます。

LCP の閾値
LCP の閾値
(image credits : Largest Contentful Paint (LCP))
FID の閾値
FID の閾値
(image credits : First Input Delay (FID))
CLS の閾値
CLS の閾値
(image credits : Cumulative Layout Shift (CLS))