WordPress - ショートコードブロック

ショートコード

ショートコードブロックを使用すると、WordPress 固有のコードを埋め込むことができます。ショートコードブロックを追加するには、「ブロックの追加」ショートコードをクリックして「ショートコード」を選択します。

ショートコードブロックの追加
ショートコードブロックの追加

その他にも「/ショートコード」と入力して Enter キーを押すことでもブロックを追加できます。

スラッシュコマンドを使ったショートコードブロックの追加
スラッシュコマンドを使ったショートコードブロックの追加

ショートコードブロックを追加すると、WordPress 固有のコードを埋め込むことができます。

ショートコードブロックの追加
ショートコードブロックの追加

ショートコードとは、functions.php に定義された汎用的なコードのことです。それらのコードをショートコードブロックを使って呼び出すことができます。

ショートコードは、使用しているテーマによっては最初から定義されている場合もありますが、自作することもできます。ショートコードを自作する場合は、functions.php ファイルに定義を追加します。functions.php の場所は以下にあります。

wp-content/themes/使用しているテーマ名/functions.php
functions.php ファイルの場所

functions.php の最下部に以下のように追記します。add_shortcode 関数のパラメータにはショートコードを呼び出すための文字列と、呼び出す関数名を定義します。以下の例では、ショートコードに hello を埋め込むと、hello_func が呼び出せるようになります。

function hello_func() {
    return "hello!";
}

add_shortcode('hello', 'hello_func');
ショートコードの追加

ショートコードに hello を埋め込みます。ショートコードを埋め込むためには [ ] で囲む必要があります。

ショートコードの追加
ショートコードの追加

プレビュー画面で確認すると hello_func が呼び出され、hello! の文字列が返されていることが確認できます。

プレビュー画面でショートコードの確認
プレビュー画面でショートコードの確認

関連記事