WordPress - 記事に閲覧用パスワードを設定する

記事に閲覧用パスワードを設定する

WordPress では特定の記事に対して閲覧するためのパスワードを設定し、閲覧を制限することができます。閲覧用のパスワードが設定された記事は、パスワードを知っている利用者だけが閲覧できます。

新しい記事に対して閲覧用のパスワードを設定してみます。新しい記事を投稿するには、「投稿」メニューから「新規追加」をクリックします。もしくは、「投稿」メニューの「投稿一覧」から「新規追加」をクリックします。

記事の新規追加
記事の新規追加

記事に閲覧用のパスワードを設定するには、右側のメニューから「ステータスと公開状態」を設定するブロックがあります。

ステータスと公開状態の設定
ステータスと公開状態の設定

記事のパスワード保護の設定は「公開状態」をクリックします。デフォルトでは「公開」となっています。そのため、特に設定を行わなずに記事を投稿すると、記事は誰からでも閲覧できる状態になります。

パスワード保護の設定
パスワード保護の設定

「公開状態」のメニューが表示されたら、「パスワード保護」をクリックします。「パスワードの保護」をクリックすると、パスワードを入力するテキストボックスが表示されます。

閲覧用パスワードを入力する
閲覧用パスワードを入力する

閲覧用のパスワードを入力します。

閲覧用パスワードを入力する
閲覧用パスワードを入力する

記事が公開されると、投稿されたページに行くことができます。投稿されたページに行くには、画面右の「投稿を表示」ボタン、または画面下の「投稿を表示」リンクをクリックします。

パスワード保護をかけた記事を公開する
パスワード保護をかけた記事を公開する

記事を投稿すると、ブログのタイトルには「保護中:」と表示されます。また、記事を閲覧するためのパスワードを入力するテキストボックスもあわせて表示されます。

パスワード保護をかけた記事の表示
パスワード保護をかけた記事の表示

正しいパスワードを入力し、「確定」ボタンをクリックすると記事を閲覧できます。

パスワード保護をかけた記事の閲覧
パスワード保護をかけた記事の閲覧

パスワードを設定した記事は、投稿ページからも確認することができます。記事の一覧画面には、公開状態を表示する列があり、各記事がパスワードで保護されているかが表示されます。

パスワード保護をかけた記事の確認
パスワード保護をかけた記事の確認

クイック編集からタグを変更する

記事の公開状態は、投稿された後からでも変更することもできます。投稿済みの記事の公開状態を変更するには、記事の一覧ページから変更したい記事の「クイック編集」をクリックします。

公開状態のクイック編集
公開状態のクイック編集

クイック編集のメニューが開きます。クイック編集のメニューの中には、パスワードを設定するかどうかのメニューがあります。

公開状態のクイック編集
公開状態のクイック編集

パスワードを編集して「更新」ボタンをクリックします。パスワードの保護を解除するには、パスワードを消去します。

公開状態のクイック編集
公開状態のクイック編集

公開状態が更新されました。

公開状態のクイック編集
公開状態のクイック編集

関連記事