WordPress - WordPress とは

WordPress とは

WordPress とは、CMS (Content Management System:コンテンツ管理システム) のひとつで、Web サイトを構築・運営するためのソフトウェアです。WordPress は世界中で使われているオープンソースのソフトウェアで、無料で利用することができます。

CMS とは、記事や画像を登録するだけで Web サイトやページを作成・更新ができるソフトウェアです。HTML や CSS などの専門知識を必要としないため、初心者の方でも簡単に作業を行うことができます。

Web サイトを公開して運営するためには、「サイトの構築」と「コンテンツの更新」が重要になります。しかし、それらをすべて自力で行おうとするのは、とても大変な作業です。WordPress は、それらの作業を専門知識がなくても簡単に行えるようにしたシステムです。

WordPress のダッシュボード画面
WordPress のダッシュボード画面

WordPress の特徴

WordPress の特徴として、以下があります。

利用者が多い
WordPress は世界中で利用されており、日本でも多くのブログが WordPress を利用して構築されています。利用者が多いため、何か疑問やトラブルがあったとしても情報がたくさんあるため、解決策が見つけやすいと言えます。
開発コミュニティが活発
WordPress は、オープンソースと呼ばれる方式で開発が進められています。開発に参加する開発者が多いため、途中でシステムの開発が止まってしまう心配が少ないという安心感があります。
無料で利用できる
WordPress はパッケージを購入したり、ライセンス料を支払ったりする必要はありません。WordPress が動作するために必要なソフトウェアもすべて無料で利用できます。
柔軟なカスタマイズが可能
WordPress は、機能を追加したり設定をカスタマイズすることが容易です。また、Web サイトの外観をテーマで自由に変更することもできます。ブログのようなページから、コミュニティサイトまで多種多様なサイトの構築ができるほどの柔軟性を備えています。

WordPress のメリットとデメリット

WordPress のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

WordPress のメリット

更新作業が楽になる
WordPress の最大のメリットは、更新作業が楽になることです。コンテンツやページの追加が簡単に実施できるため、特に更新頻度の高い Web サイトに高い効果があります。また、最新記事の一覧などのリンクも自動的に更新されるため、サイトの維持管理のコストを大幅に減らすことができます。
デザイン変更が楽になる
WordPress では、各ページのヘッダー、フッター、サイドバーなどのパーツを共通化できます。そのため、ひとつのファイルを編集するだけでサイト全体のデザイン変更や修正が可能になります。また、サイト全体のデザイン変更についてもテーマを変更するだけで切り替えられます。
複数人で編集できる
大規模なサイトでは多人数のチームで記事の更新やメンテナンスを行います。WordPress ではユーザ管理の機能があるため、同時に複数のユーザから投稿しても問題ありません。チームで Web サイトの運営ができるのも WordPress のメリットです。

WordPress のデメリット

サイトの維持管理を行わなければならない
HTML と CSS だけの静的な Web サイトでは、悪意のある第三者から攻撃をされる可能性は低くなります。しかし、WordPress はプログラムの集合体であるため、何かしらのバグが発見されると攻撃を受ける可能性があります。そのため、サイトの維持管理には気をつけなければなりません。

関連記事