Java - クラスとオブジェクト

クラスとオブジェクト

クラスは、以下のように記述します。

class クラス名{
  ...
}
クラスとオブジェクト

クラスは、何かを実行する物体 (オブジェクト) の設計図のようなものです。実際にプログラムを動かすためには、設計図からオブジェクトを生成する必要があります。クラスからオブジェクトを生成するには new を使用します。

クラス名 変数名 = new クラス名(引数);
クラスとオブジェクト

例えば、電卓 (Calculator) というクラスがある場合、そのクラスからオブジェクトを生成するには、以下のように記述します。

Calculator calc = new Calculator();
クラスとオブジェクト

Java のプログラムでは、自身で設計したクラスや、既存のクラスからオブジェクトを生成し、そのオブジェクトで処理を行います。

また、変数がいくつも生成できるように、同じクラスからいくつでもオブジェクトを生成することができます。これは、ひとつの設計図からいくつもの物体を作成することができることと同じです。設計図は同じであっても生成されたオブジェクトは別物であるため、個々に動かすことができます。

Calculator calc1 = new Calculator();
Calculator calc2 = new Calculator();
クラスとオブジェクト

具体的に Calculator クラスを定義すると、以下のような記述になります。

class Calculator{
  void add(int a, int b){
    System.out.println(a + b);
  }
}
クラスとオブジェクト

上記のサンプルコードでは、Calculator クラスに add メソッドを定義しています。次に、Calculator クラスから実際のオブジェクトを生成すると、以下のような記述になります。

class CalculatorTest{
  public static void main(String args[]){
    Calculator calc = new Calculator();
  }
}

class Calculator{
  void add(int a, int b){
    System.out.println(a + b);
  }
}
クラスとオブジェクト

上記のサンプルコードでは Calculator クラスから calc オブジェクトを生成しています。生成した calc オブジェクトから add メソッドを呼び出してみると、以下のような記述にります。

class CalculatorTest{
  public static void main(String args[]){
    Calculator calc = new Calculator();
    
    calc.add(2, 3); // 5
    
  }
}

class Calculator{
  void add(int a, int b){
    System.out.println(a + b);
  }
}
クラスとオブジェクト

生成したオブジェクトに対して、生成元のクラスで定義されているメソッドを実行させるためには、以下のように記述します。

オブジェクト名.メソッド名(引数);
クラスとオブジェクト

メソッドについては、以下も参照してください。

関連記事