Java - ファイルとディレクトリの削除

ファイルとディレクトリの削除

ファイルとディレクトリを削除するには、File クラスの delete メソッドを使用します。

public boolean delete()
delete メソッド
public void deleteOnExit()
この抽象パス名が示すファイルまたはディレクトリを削除します。このパス名がディレクトリを示す場合、そのディレクトリが削除されるためには空である必要があります。Files クラスには、ファイルを削除できないときに IOException をスローする delete メソッドが定義されています。これは、エラーの報告、およびファイルを削除できない原因の診断を行う場合に便利です。
返り値
ファイルまたはディレクトリが正常に削除された場合は true、そうでない場合は false。
例外
SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのSecurityManager.checkDelete(java.lang.String) メソッドがファイルへの削除アクセスを拒否した場合。
import java.io.File;

class createNewFileTest{
  public static void main(String args[]){
    
    /* ファイルの場合 */
    File file = new File("C:¥¥file.txt");
    file.delete();
    
    /* ディレクトリの場合 */
    File dir = new File("C:¥¥dir");
    dir.delete();
    
  }
}
ファイルとディレクトリの削除

関連記事