Java - ファイルの作成

ファイルの作成

新しいファイルを作成するには、File クラスの createNewFile メソッドを使用します。

public boolean createNewFile() throws IOException
createNewFile メソッド
public boolean createNewFile() throws IOException
この抽象パス名が示す空の新しいファイルを不可分 (atomic) に生成します (その名前のファイルがまだ存在しない場合だけ)。ファイルがあるかどうかのチェックや、ない場合のファイルの生成は、そのファイルに影響を与える可能性のあるほかのすべてのファイル・システムの処理に対して不可分である単一の操作です。
返り値
指定されたファイルが存在せず、ファイルの生成に成功した場合は true、示されたファイルがすでに存在する場合は false。
例外
  • IOException - 入出力エラーが発生した場合。
  • SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、その SecurityManager.checkWrite(java.lang.String) メソッドがファイルへの書込みアクセスを拒否した場合。
import java.io.File;

class createNewFileTest{
  public static void main(String args[]){
    
    File newfile = new File("c:¥¥newfile.txt");
    newfile.createNewFile();
    
  }
}
ファイルの作成

ただし、createNewFile メソッドを使用する場合、IOException という例外が発生する可能性があります。メソッド定義の throws IOException は、IOException 例外が発生する可能性があることを示しています。そのため、例外処理を施したサンプルコードは、以下のようになります。

import java.io.File;

class createNewFileTest{
  public static void main(String args[]){
    
    File newfile = new File("c:¥¥newfile.txt");
    
    try{
      newfile.createNewFile();
    } catch(IOException e) {
      System.out.println(e);
    }
    
  }
}
ファイルの作成

関連記事