Java - main メソッド

main メソッド

Java のプログラムが実行されると、最初に呼び出されるメソッドが main メソッドです。main メソッドは、クラスとオブジェクトで解説するとおりオブジェクトの生成を必要としません。オブジェクトの生成をしなくても実行できるメソッドのことを static メソッドと呼びます。main メソッドにも static を付与する必要があります。

class クラス名{
  public static void main(String args[]){
    ...
  }
}
main メソッド

main メソッドにも String クラスの配列の引数が設定されています。これは、プログラムを実行する時に値を指定することで main メソッドに値を渡すことができます。値を指定してプログラムを実行する場合は、以下の書式となります。

java クラスファイル名 値1 値2 ...
main メソッド

プログラムの実行時に指定する値は、コマンドライン引数と呼びます。コマンドライン引数は、半角スペースを区切り文字として記述します。

コマンドライン引数は、main メソッドが呼ばれる時に String クラスの配列として渡されます。そのため、main メソッドの中で配列の要素を参照することで、値を取り出すことができます。

public static void main(String args[]){
  System.out.println(args[0]);
  System.out.println(args[1]);
}
main メソッド

コマンドライン引数の数を確認するには length プロパティを使用して以下のように記述します。

public static void main(String args[]){
  if (args.length < 1){
    System.out.println("コマンドライン引数が指定されていません");
    System.exit(1);
  }
}
main メソッド

関連記事