Java - 要素の代入と参照

要素の代入と参照

配列の要素は、通常の変数と同様に値を格納するための入れ物です。そのため、値を代入したり取得したりすることが可能です。配列の各要素は、以下のように表します。

配列変数[インデックス]
要素の代入と参照

配列変数の後にインデックス (添え字) と呼ばれる整数を記述することで特定の要素を表すことができます。配列では複数の要素を持つことができるため、何番目の要素かを特定するためにインデックスで指定する必要があります。ただし、インデックスは 0 から始まる点に注意してください。

int n[] = new int[5];

n[0] = 10;
n[1] = 20;
n[2] = 30;
n[3] = 40;
n[4] = 50;

System.out.println(n[0]); // 10
要素の代入と参照

配列変数は参照型の変数ですが、配列に含まれる各要素は通常の変数と同じように値の代入と参照ができます。また、インデックスの指定は、変数でも指定が可能です。

int n[] = new int[5];

int index = 0;
n[index] = 10;
要素の代入と参照

変数を使ってインデックスを指定できるため、繰り返し処理と配列を組み合わせて効率的に配列に含まれる各要素を処理することが可能になります。

int n[] = new int[3];

n[0] = 10;
n[1] = 20;
n[2] = 30;

for (int i = 0; i < 3; i++){
  System.out.println(n[i]);
}
要素の代入と参照

ただし、インデックスを指定する場合は、その対象となる配列で確保された要素数の範囲内でなければなりません。例えば、要素の数を 5 個しか確保していないのにインデックスに 6 などの数値を指定すると実行時エラーとなります。

int n[] = new int[5];

n[6] = 60; // java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException
要素の代入と参照

上記のサンプルコードは、実行時に java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException エラーが発生します。

関連記事