Java - 配列の使い方と宣言

配列の使い方

配列では、配列変数と呼ばれる変数を用意します。配列変数は通常の変数とは異なり、値を格納する場所を任意の数だけ持つことができます。

int arr[] = new int[3];

arr[0] = 0;
arr[1] = 1;
arr[2] = 2;
配列の使い方

配列の初期値の代入は、以下のようにも記述できます。

int arr[] = {1, 2, 3};
配列の使い方

配列の大きなメリットは、繰り返し処理と組み合わせて利用することです。例えば、配列に格納された値を繰り返し処理によって、順に出力することができます。

int arr[] = {1, 2, 3};

for (int i = 0; i < 3; i++){
  System.out.println(arr[i]);
}
配列の使い方

配列の宣言

配列を使用するには、最初に使用する配列を宣言を行います。配列の宣言は、以下のように行います。

型名 配列変数名[];
配列の宣言

変数の場合と同様に、格納される値のデータ型と配列を区別するための配列変数名を指定します。ひとつの配列には同じデータ型の値しか格納することはできません。例えば、int 型の配列変数には、int 型の値しか格納することができません。

配列は通常の変数の宣言とは異なり、値を格納する場所を必要な数だけ後から確保する必要があります。場所を確保するには new 演算子を使用します。

型名 配列変数名[];
配列変数名 = new 型名[要素数];
配列の宣言

配列に確保されるひとつの場所は要素と呼びます。new 演算子では、要素数を指定して配列変数に代入します。これで配列は要素数の数だけの値を格納することができるようになります。

また、配列の宣言と要素の確保は、まとめて以下のように記述することもできます。

型名 配列変数名[] = new 型名[要素数];
配列の宣言

関連記事