Java - switch 文

switch 文

switch 文は対象の式を評価した結果の値に応じ、値に一致するラベルの位置へ処理を移すために使用します。switch 文の書式は、以下のとおりです。

switch (式){
  case 定数1:
    ...
    break;
  case 定数2:
    ...
    break;
}
switch 文

switch 文は、まず式が評価されます。式には整数の値が代入された変数や、計算式などを記述します。ただし、いずれの場合も式の評価した結果は整数でなければなりません。また、整数であっても long 型の値は使用できません。

int num = 2;

switch (num){
  case 1:
    System.out.println("num は 1");
    break;
  case 2:
    System.out.println("num は 2");
    break;
  case 3:
    System.out.println("num は 3");
    break;
}
switch 文

switch 文は、あくまでもラベルの書かれた位置に処理が移動するだけです。そのため break 文を省略した場合、移動した後に書かれている処理が順に実行されます。もしもラベルの位置の移動した後、次のラベルの前まで来たら switch 文を終了させたい場合は break 文を使用します。

また、式の値と一致するラベルが無かった場合に、何か実行させたい処理がある場合は default 句を使います。

int num = 2;

switch (num){
  case 1:
    System.out.println("num は 1");
    break;
  case 2:
    System.out.println("num は 2");
    break;
  case 3:
    System.out.println("num は 3");
    break;
  default:
    System.out.println("num は 1, 2, 3 ではありません");
}
switch 文

関連記事