Java - break 文

break 文

break 文は for 文while 文do..while 文などのブロック内で使用され、break 文が実行されるとブロックを抜けて次の処理へ移ります。具体的な break 文の使い方は、以下のとおりです。

int sum = 0;

for (int i = 1; i <= 100; i++){
  sum += i;
  
  if (sum > 100){
    break;
  }
}

System.out.println("sum = " + sum);
break 文

上記のコードでは、合計値が 100 を超えた場合に繰り返し処理を抜けて次の処理に移ります。ただし、以下のように繰り返し処理がネストしている場合は、一番内側の繰り返し処理だけを抜けます。

for (int i = 0; i < 10; i++){
  for (int j = 0; j < 10; j++){
    if (i * j > 10){
      break;
    }
  }
  /* ここに処理が移る */
}
break 文

通常の break 文の他に、ラベル付きの break 文にすることで任意のブロックを抜けることができます。ラベル付き break 文が実行されると、指定されたラベルが付けられたブロックを抜けます。下記のサンプルでは、一番外側の for 文を抜けます。

label1: for (int i = 0; i < 10; i++){
  for (int j = 0; j < 10; j++){
    if (i * j > 10){
      break label1;
    }
  }
}
/* ここに処理が移る */
break 文

ただし、ラベル付きの break 文を多用するとプログラムが複雑化するため、あまり使用するべきではありません。

関連記事