Java - 条件演算子

条件演算子

条件演算子は三項演算子とも呼ばれる演算子で、条件分岐を 1 行で書くための演算子です。条件演算子の構文は以下のとおりです。

条件式 ? 式1 : 式2
条件演算子の構文

条件式の値が true の場合には「式1」が処理され、false の場合には「式2」が処理します。以下の例では、条件式に記述された num >= 0を評価します。変数 num の値が 10 であるため条件式は true となります。そのため '+' の式が処理されます。

char c;
int num = 10;

c = num >= 0 ? '+' : '-';
条件演算子

関連記事