Java - コンパイルと実行

プログラムの記述と保存

Java のプログラムを記述するためには、メモ帳やテキストエディタを使用します。開発の現場では eclipse という統合開発環境を使用しますが、ここではテキストエディタを使用して解説します。

テキストエディタを起動し、以下のコードを記述してください。大文字と小文字も区別されるため注意してください。

public class HelloWorld{
   public static void main(String[] args){
     System.out.println("Hello World!!");
   }
}
Hello World

プログラムも保存する場合、ファイル名は クラス名.java となります。上記のサンプルコードのクラス名は HelloWorld なのでファイル名は HelloWorld.java となります。ファイルの保存場所は任意の場所で構いません。

コンパイル

Java のソースファイルをコンパイルするためには、javac コマンドを使用します。コマンドプロンプトを起動して、保存したファイルの場所まで移動します。javac コマンドは、javac ソースファイル名.java のように入力します。今回のソースファイル名は HelloWorld.java なので、以下のコマンドになります。

javac HelloWorld.java
javac コマンドでのコンパイル

エラーが発生せず、以下のように表示されればコンパイルは成功です。

javac コマンドでのコンパイル
javac コマンドでのコンパイル

コンパイルが成功するとソースファイルと同じフォルダにクラスファイルが作成されます。クラスファイル名はソースファイル名と同じであるため、HelloWorld.class が作成されます。

クラスファイルの作成
クラスファイルの作成

コンパイルエラーが発生した場合はクラスファイルが作成されません。コンパイルエラーが発生した場合は、プログラムが文法的に間違っていないか再確認を行ってください。

実行

Java のプログラムを実行するためにはクラスファイルが必要になります。プログラムを実行するには java コマンドを使って java クラスファイル名 のように行います。クラスファイル名を指定する場合は、拡張子の .class を付けずに指定します。例えば HelloWorld.class を指定する場合、java HelloWorld となります。

コマンドプロンプトを起動し、java HelloWorld と入力します。

java コマンドでの実行
java コマンドでの実行

プログラムが正常に実行された場合、画面に Hello World!! と表示されます。

関連記事