EXCEL VBA - Workbook を開く

Workbook を開く

Workbook を開くには、Workbooks コレクションの Open メソッドを使用します。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx"
Workbook を開く

Filename 引数で開きたいブックのパスを指定します。パスを指定しない場合は、カレントディレクトリにあるブックが対象になります。

Workbooks.Open Filename:="Book1.xlsx"
Workbook を開く

UpdateLinks 引数にはファイル内のリンクの更新方法を指定します。リンクが設定されているファイルを開くとき、この引数を省略するとリンク更新のダイアログボックスが表示されます。

  • 0: 外部参照とリモート参照は共に更新されません。
  • 1: 外部参照は更新され、リモート参照は更新されません。
  • 2: リモート参照は更新され、外部参照は更新されません。
  • 3: 外部参照とリモート参照は共に更新されます。
Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", UpdateLinks:=0
Workbook を開く

ReadOnly 引数にはブックを読み取り専用モードで開くかどうかを指定します。読み取り専用モードで開く場合は True を指定します。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", ReadOnly:=True
Workbook を開く

Format 引数は、テキストファイルを開く場合に、この引数で区切り文字を指定します。この引数を省略すると、現在の区切り文字が使用されます。

  • 1: タブ
  • 2: コンマ
  • 3: スペース
  • 4: セミコロン
  • 5: なし
  • 6: カスタム文字
Workbooks.Open Filename:="C:¥sample.csv", Format:=1
Workbook を開く

Password 引数は、読み取りパスワードが設定されたブックを開くために必要なパスワードを指定します。パスワードが必要なブックに対してこの引数を省略すると、パスワードの入力を促すダイアログボックスが表示されます。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", Password:="password"
Workbook を開く

WriteResPassword 引数は、書き込みパスワードが設定されたブックを開くために必要なパスワードを指定します。パスワードが必要なブックに対してこの引数を省略すると、パスワードの入力を促すダイアログボックスが表示されます。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", WriteResPassword:="password"
Workbook を開く

IgnoreReadOnlyRecommended 引数は、読み取り推奨メッセージを非表示にするかどうかを指定します。読み取り推奨メッセージを表示する場合は True を設定します。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", IgnoreReadOnlyRecommended:=True
Workbook を開く

Origin 引数は、ファイルがテキストファイルの場合、コードページと復帰/改行 (CR/LF) が正しくマップされるように、この引数が発生元の場所を示します。この引数を省略すると、現在のオペレーティングシステムの改行コードが使用されます。

  • xlMacintosh: Macintosh
  • xlWindows: Windows
  • xlMSDOS: MS-DOS
Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", Origin:=xlWindows
Workbook を開く

Delimiter 引数は、ファイルがテキストファイルで、Format 引数が 6 の場合、この引数は区切り文字として使用する文字を指定する文字列です。

Workbooks.Open Filename:="C:¥sample.csv", Format:=6, Delimiter:="x"
Workbook を開く

Editable 引数は、開こうとしているファイルが Excel 4.0 のアドインの場合、この引数に True を指定すると、アドインがウィンドウとして表示されます。この引数に False を指定するか、この引数を省略すると、アドインは非表示の状態で開かれ、ウィンドウとして表示することはできません。この引数は、Excel 5.0 以降で作成されたアドインには適用されません。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", Editable:=True
Workbook を開く

Notify 引数は、ファイルが読み取り/書き込みモードで開けない場合に、ファイルを通知リストに追加するには、True を指定します。ファイルが読み取り専用モードで開かれて通知リストに追加され、ファイルが編集可能になった時点でユーザに通知されます。ファイルが開けない場合に、このような通知を行わずにエラーを発生させるには、False を指定するか省略します。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", Notify:=True
Workbook を開く

Converter 引数は、ファイルを開くときに最初に実行するファイルコンバータのインデックスを示します。指定したファイルコンバータが最初に試行されます。このコンバータでファイルが認識されない場合は、他のすべてのコンバータが試行されます。コンバータインデックスは、FileConverters プロパティによって返されるコンバータの行番号で構成されます。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", Converter:=1
Workbook を開く

AddToMru 引数は、最近使用したファイルの一覧にブックを追加するには、True を指定します。既定値は False です。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", AddToMru:=True
Workbook を開く

Local 引数は、Microsoft Excel の言語に対してファイルを保存するには True を設定します。既定値の False を指定すると、Visual Basic for Applications (VBA) の言語によってファイルが保存されます 。

Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", Local:=True
Workbook を開く

CorruptLoad 引数は、以下の定数を指定できます。値が指定されていない場合の既定の動作は xlNormalLoad で、OM を使用して起動した場合は復旧を行いません。

  • xlExtractData: ブックをデータの抽出モードで開きます。
  • xlNormalLoad: ブックを正常に開きます。
  • xlRepairFile: ブックを修復モードで開きます。
Workbooks.Open Filename:="C:¥Book1.xlsx", CorruptLoad:=xlRepairFile
Workbook を開く

関連記事