EXCEL VBA - Worksheet のコピー

Worksheet のコピー

ワークシートのコピーは、コピーしたシートを指定の位置に移動させます。そのため、コピーと貼り付けは Copy メソッドでまとめて行われます。ワークシートへのコピーは Worksheet オブジェクトに対して Copy メソッドを使用します。

Worksheets(1).Copy Before:=Worksheets("Sheet1")
Worksheet のコピー

コピーしたシートを貼り付ける位置は、既存シートの前、または後という形で指定します。Before 引数を使う場合、指定したワークシートの前(左側)に貼り付けられます。After 引数を使う場合、指定したワークシートの後(右側)に貼り付けられます。

貼り付け先の引数を省略した場合、新しいブックが作成され、そのブックに貼り付けが行われます。また、同じ名前のワークシートが貼り付け先のブックに既にある場合は、シート名に括弧付きの番号が採番されます。

関連記事