EXCEL VBA - Worksheet の追加

Worksheet の追加

ワークシートの追加は、追加する位置と追加する枚数を指定できます。ワークシートへの追加は Worksheets コレクションに対して Add メソッドを使用します。

追加する位置は既にあるシートの前、または後という形で指定します。Before 引数を使う場合、指定したワークシートの前(左側)に追加されます。After 引数を使う場合、指定したワークシートの後(右側)に追加されます。いずれの引数も省略した場合は、現在のアクティブシートの前に追加されます。

Worksheets.Add After:=Worksheets(1)
Worksheet の追加

追加するシート枚数を指定する場合は、Count 引数で追加する枚数を指定します。

Worksheets.Add Before:=Worksheets("Sheet1"), Count:=3
Worksheet の追加

シートを先頭に追加する場合は、以下のように記述します。

Worksheets.Add Before:=Worksheets(1)
Worksheet の追加

シートを末尾に追加する場合は、以下のように記述します。

Worksheets.Add After:=Worksheets(Worksheets.Count)
Worksheet の追加

シートに名前を指定して追加するには、以下のように記述します。

Worksheets.Add After:=Worksheets(1)
ActiveSheet.Name = "new Worksheet"
Worksheet の追加

関連記事