EXCEL VBA - セルの結合と解除

セルの結合

セルを結合するには、結合するセル範囲を表す Range オブジェクトの MergeCells プロパティに True を設定します。セルを結合すると、結合されたセルには結合する領域の左上にあるセルの値が表示されます。また、それ以外のセルに含まれていた値はすべて削除されます。

Range("A1:C3").MergeCells = True
セルの結合

Merge メソッドを使用しても同様にセルの結合ができます。

Range("A1:C3").Merge
セルの結合

Merge メソッドの引数に True を設定した場合、選択範囲のセルを行ごとに結合します。

Range("A1:C3").Merge True
セルの結合

結合対象のセルに値が存在する場合、確認のメッセージが表示されます。確認メッセージを表示せずにセルを結合するためには Application オブジェクトの DisplayAlerts プロパティに False を設定します。

Application.DisplayAlerts = False
Range("A1:C3").Merge
セルの結合

結合セルに対して参照したり、新しい値を設定する場合は、Range オブジェクトの MergeArea プロパティを使用します。

Range("A1").MergeArea = "新しい値を追加"
セルの結合

セルの結合解除

セル結合の解除をするには、結合されたセルのいずれか 1 つのセルを表す Range オブジェクトの MergeCells プロパティに False を設定します。

Range("A1").MergeCells = False
セルの結合解除

UnMerge メソッドを使用しても同様にセル結合の解除ができます。

Range("A1").UnMerge
セルの結合解除

関連記事