EXCEL VBA - ファイル選択ダイアログ

ファイル選択ダイアログ

ファイル選択ダイアログとは、任意のファイルを選択するときに使用するダイアログです。ファイル選択ダイアログを表示するには Application オブジェクト の GetOpenFilename 関数を使用します。

ファイル選択ダイアログでは、選択されたファイルのパスとファイル名を String 型で返します。「キャンセル」ボタンや、ダイアログが閉じられた場合は False が返されます。

Dim fname As String

fname = Application.GetOpenFilename
If fname <> "False" Then
    Debug.Print (fname)
End If
ファイル選択ダイアログ
ファイル選択ダイアログ
ファイル選択ダイアログ

また、デフォルトではダイアログのタイトルが「ファイルを開く」ですが、Title 引数を与えることでタイトルを任意の文字列に変更することができます。

Dim fname As String

fname = Application.GetOpenFilename(Title:="Excelファイルの選択")
If fname <> "False" Then
    Debug.Print (fname)
End If
ファイル選択ダイアログ

関連記事