EXCEL VBA - ボタンの種類と定数

ボタンの種類と定数

VBA では、どのようなボタンをダイアログに表示するかは、あらかじめ定数として定義されています。ボタンの種類を指定する場合は、定義済みの定数、または値を指定します。

ダイアログに表示するボタンの定数一覧
定義済み定数ダイアログに表示されるボタン
vbOKOnly0「OK」
vbOKCancel1「OK」、「キャンセル」
vbAbortRetryIgnore2「中止」、「再試行」、「無視」
vbYesNoCancel3「はい」、「いいえ」、「キャンセル」
vbYesNo4「はい」、「いいえ」
vbRetryCancel5「再試行」、「キャンセル」
'' 定義済みの定数で指定した場合
MsgBox "メッセージ", vbOKOnly, "タイトル"

'' 実際の値で指定した場合
MsgBox "メッセージ", 0, "タイトル"
ダイアログに表示するボタンの種類

ダイアログに表示されたどのボタンが押されたかを判定するための返却値は以下のとおりです。

ダイアログのどのボタンが押されたかの返却値一覧
定義済み定数押されたボタン
vbOK 1「OK」
vbCancel2「キャンセル」
vbAbort3「中止」
vbRetry4「再試行」
vbIgnore5「無視」
vbYes6「はい」
vbNo7「いいえ」
Dim ans As Integer
ans = MsgBox("メッセージ", vbOKCancel, "タイトル")

If ans = vbOK Then
    Debug.Print ("「OK」が押されました")
ElseIf ans = vbCancel Then
    Debug.Print ("「キャンセル」が押されました")
End If
ダイアログに表示されたどのボタンが押されたかの判定

関連記事