HTML & CSS - テキストを訂正したことを示す

テキストを訂正したことを示す

テキストを訂正したことを示すには、del 要素の中に記述します。del 要素は、編集の過程で文書から削除された部分を表すための要素です。

cite 属性では、会議の議事録やトラブルシューティングシステムのチケットといった、変更についての説明を記したリソースへの URI を示すことができます。

datetime 属性では、変更日時を示すことができます。変更日時は有効な日付文字列と任意の時刻文字列でなくてはなりません。値を時刻および日付の文字列として解釈できない場合は、要素に関連付けられたタイムスタンプはないものと解釈されます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  ...
  <p>
    ...
    <del datetime="削除した日時"> 削除したテキスト </del>
    ...
  </p>
  ...
</html>
テキストを訂正したことを示す

datetime 属性に指定できる文字列の例は以下のとおりです。

年の文字列
2011
月の文字列
2011-11
日付の文字列
2011-11-18
年のない日付の文字列
11-18
週の文字列
2011-W47
時刻の文字列
  • 14:54
  • 14:54:39
  • 14:54:39.929
ローカル日時の文字列
  • 2011-11-18T14:54:39.929
  • 2011-11-18 14:54:39.929
グローバル日時の文字列
  • 2011-11-18T14:54:39.929Z
  • 2011-11-18T14:54:39.929-0400
  • 2011-11-18T14:54:39.929-04:00
  • 2011-11-18 14:54:39.929Z
  • 2011-11-18 14:54:39.929-0400
  • 2011-11-18 14:54:39.929-04:00
期間の文字列
PT4H18M3S

関連記事