HTML & CSS - コンテンツを引用する

コンテンツを引用する

コンテンツを引用するには、blockquote 要素、または q 要素の中に記述します。

blockquote 要素は、その内容が引用された文章であることを示す要素です。blockquote 要素は、引用文をブロックレベルの要素として扱いたいときに使用します。cite 属性には、引用元の文書の URL、または引用元の情報に関するメッセージを示します。この属性は、引用文の背景や出典についての説明を指し示そうとするものです。

q 要素は、その内容が引用された文章であることを示す要素です。q 要素は、引用文をインライン (HTML5.1 では文章内コンテンツ) の要素として扱いたいときに使用します。q 要素の前後には、ブラウザが引用符を付けて表示することになっています。そのため、q 要素を使用する際、引用文の前後にはカッコや装飾記号で括るべきではありません。ブラウザで表示させる引用符の種類は CSS で変更可能であるため、装飾は CSS で指定を行うべきです。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  ...
  <p>
    ...
    <blockquote cite="引用元 URL">
      引用文
    </blockquote>
    ... 
  </p>
  
  <p>
    ...
    <q cite="引用元 URL">
      引用文
    </q>
    ...
  </p>
  ...
</html>
コンテンツを引用する

創作物の出典を表すには cite 要素を使用します。要素内容には作品の題名か作者の名前、または URL などを含める必要があります。作者の名前は、個人名でも団体名でもかまいません。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  ...
  <p>
    ...
    <blockquote cite="引用元 URL">
      ...
      <cite>引用元のタイトル名や作者名</cite>
    </blockquote>
    ... 
  </p>
  ...
</html>
コンテンツを引用する

関連記事