HTML & CSS - テキストを強調表示する

テキストを強調表示する

テキストを強調表示するには、strong 要素em 要素、または b 要素、の中に記述します。

strong 要素は、HTML5 で要素の持つ意味と役割が大きく変更された要素です。HTML4.01 や XHTML1.0 では、em 要素よりもさらに強い強調を表す要素でしたが、HTML5 からは「重要であること (importance)」、「重大・深刻であること (seriousness)」、「緊急性があること (urgency)」のいずれかを強く示す要素となりました。そのため、HTML4.01 や XHTML1.0 の strong 要素は文章の意味合いが変化しますが、HTML5 以降の strong 要素は文章の意味合いが変化することはありません。strong 要素は、見出し・キャプション・段落の中で本当に重要な部分を区別できたり、ユーザが注視する必要があるコンテンツを示すために使用します。

em 要素は、文章のその部分が強調されていることを示す要素です。HTML5 以降の em 要素は、ネストすることで強調の度合いを高めることが可能です。HTML5 より前の HTML/XHTML では em 要素よりも強い強調を表す場合は strong 要素を使用します。

b 要素は、HTML5 で要素のもつ意味と役割が大きく変更された要素です。HTML4.01 や XHTML1.0 ではテキストを太字で表示させるための要素でしたが、HTML5 からは実用的な意味で目立たせたほうが良いと思われる部分をマークアップする要素となりました。ただし、b 要素strong 要素のように重要であることを示すわけでもなく、i 要素のようにテキストの性質・状態が異なることを示すわけでもありません。b 要素は、例えば概要説明における「キーワード」や、レビュー記事における「製品名」、記事の「リード文」などで使用されます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  ...
  <strong>重要、重大・深刻、緊急性のあるテキスト</strong>
  
  <em>強調したいテキスト</em>
  
  <b>太字にしたいテキスト</b>
  ...
</html>
テキストを強調表示する

関連記事