Python - 数値の整数部と小数部を取得する

数値の整数部と小数部を取得する: math.modf() 関数

浮動小数点数 float 型に対して int() を適用すると、小数点以下を切り捨てた整数値が取得できます。この方法を使って、整数部と小数部を取得することができます。

a = 1.5

i = int(a)
f = a - int(a)

print(i)
print(f)
# 1
# 0.5
数値の整数部と小数部を取得する

math モジュールの modf() 関数で、数値の整数部と小数部を取得することができます。math.modf() は (小数部, 整数部) のタプルを返します。小数部を先に返しますので順番には注意してください。

import math
f, i = math.modf(1.5)

print(i)
print(f)
# 1.0
# 0.5
数値の整数部と小数部を取得する: math.modf() 関数

関連記事