JavaScript - 新しいウィンドウを開く

window.open()

window.open() メソッドは、指定された名前のブラウザコンテキストに、指定されたリソースをロードします。該当の名前のコンテキストがない場合、新しいウィンドウを開いてリソースをロードします。window.open() の構文は以下のとおりです。

var window = window.open(url, windowName, [windowFeatures]);
window.open() メソッド
url
新しく開かれるウィンドウでロードされる URL。
windowName
a 要素や form 要素のターゲットの属性を文字列 name で指定したときにリンクやフォームのターゲットとして参照することができる新しいウィンドウの名前です。文字列の引数には空白を含むべきではありません。name は新しいウィンドウのタイトルを指定するものではありません。
windowFeatures
新しいブラウザをウィンドウのリクエストされたウィンドウの機能やツールバーをリスト化した文字列です。この文字列の引数は、空白スペースを含んではいけません。リクエストされたウィンドウの特性の各々は、文字列内においてコンマで区切られけばなりません。このパラメータは、オプションであるため省略可能です。

window.open() メソッドの返り値は、新しく開かれた文書の window です。何らかの理由でこのメソッドの呼びだしでウィンドウを開くことに失敗した場合、この値は null になります。

window.open('https://murashun.jp/');
window.open() メソッド
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
12
◯:Support ✕:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

関連記事