JavaScript - ページを移動する

Window.location

window.location プロパティは URL 全体を収めた DOMString です。この値を変更すると、関連付けられたドキュメントが新しいページへ移動します。例えば、https://murashun.jp に移動する場合、以下のように記述します。

// 同じウィンドウ
location = "https://murashun.jp";

// 別のウィンドウ
open("https://murashun.jp", "_blank");
window.location プロパティ

上記の方法では、ページ遷移がブラウザの履歴に残るため、遷移後に戻るボタンで元のページヘ戻ることができます。ブウラウザの履歴に残さずにページを移動したい場合は、以下のように記述します。

location.replace("https://murashun.jp");
window.location プロパティ
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
12
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
20
Shares:
1
Tag:
JavaScript
コードレシピ