JavaScript - デバイスピクセル比を調べる

Window.devicePixelRatio

window.devicePixelRatio プロパティは、現在のディスプレイにおける CSS 解像度と物理解像度の比を返します。window.devicePixelRatio の構文は以下のとおりです。

value = window.devicePixelRatio;
デバイスピクセル比の表示

window.devicePixelRatio プロパティの返り値は、倍精度浮動小数点の値であり、CSS ピクセル解像度に対するディスプレイの物理的なピクセル解像度の比率を表します。この値が 1 であることは、96 DPI (プラットフォームによっては 76 DPI) であることを意味し、2 であることは、HiDPI や Retina ディスプレイであると考えられます。それ以外の値が返されることもあり、それは一般的でない低解像度のディスプレイの場合や、スクリーンが標準的な 96 または 76 DPI の解像度の単純な 2 倍よりも高いピクセル密度を持つ場合です。

画像の解像度 (デバイスピクセルと CSS ピクセル) については、画像最適化によるパフォーマンス改善を参照してください。

サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
1112499.1419.3
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
34
Shares:
2
Tag:
JavaScript
コードレシピ