JavaScript - 西暦を取得する

Date.prototype.getFullYear()

getFullYear() メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「年」を返します。

var today = new Date();
console.log(today); // Wed Nov 27 2019 19:00:46 GMT+0900 (日本標準時)

console.log(today.getFullYear());  // 2019
console.log(today.getMonth()+1);   // 11
console.log(today.getDate());      // 27
console.log(today.getHours());     // 19
console.log(today.getMinutes());   // 0
console.log(today.getSeconds());   // 46
getFullYear() メソッド

getFullYear() メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「年」を返します。getYear() メソッドの代わりに、このメソッドを使用してください。getFullYear の構文は以下のとおりです。

dateObj.getFullYear()
getFullYear() メソッド

getFullYear() が返す値は絶対値です。1000 年から 9999 年までの日付に対して getFullYear() は 1995 のような 4 桁の数字を返します。2000 年以降の年について正しい値を得るには、この関数を使用してください。実装依存の Date.prototype.getYear() は使用しないでください。

サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
31211
◯:Support ✕:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

関連記事