JavaScript - 配列の要素を削除する

Array.prototype.shift()

shift() メソッドは、配列から最初の要素を取り除き、その要素を返します。このメソッドは配列の長さを変えます。

var array = ['a', 'b', 'c'];

array.shift();
console.log(array); // ['b', 'c']
shift() メソッド
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
5.512111
◯:Support ✕:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

Array.prototype.pop()

pop() メソッドは、配列から最後の要素を取り除き、その要素を返します。このメソッドは配列の長さを変化させます。

var array = ['a', 'b', 'c'];

array.pop();
console.log(array); // ['a', 'b']
pop() メソッド
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
5.512111
◯:Support ✕:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

Array.prototype.splice()

splice() メソッドは、既存の要素を取り除いたり、置き換えたり、新しい要素を追加したりすることで、配列の内容を変更します。splice() メソッドの構文は以下のとおりです。

var arrDeletedItems = array.splice(start[, deleteCount[, item1[, item2[, ...]]]])
splice() メソッド
start
配列を変更する開始位置を表すインデックスです。値が配列の長さより大きい場合は start は配列の長さに設定されます。値が負数の場合は、配列の末尾から要素数を戻ったところから始まります。
deleteCount
配列の start から取り除く古い要素の数を示す整数です。deleteCount 引数が省略された場合 start 以降のすべての要素が取り除かれます。deleteCount0 か負数の場合、どの要素も取り除かれません。この場合、少なくとも 1 つの新しい要素を指定する必要があります。
item1, item2, ...
配列に追加する要素です。要素を指定しなかった場合 splice() は単に配列から要素を取り除きます。

splice の返り値は、取り除かれた要素を含む配列です。要素が 1 つのみ削除された場合は、要素数 1 の配列が返されます。要素が削除されなかった場合、空の配列が返されます。

var array = ['a', 'b', 'c'];

array.splice(1, 1); // 2番目から1つ削除
console.log(array); // ['a', 'c']


var array = ['a', 'b', 'c'];

array.splice(1, 2); // 2番目から2つ削除
console.log(array); // ['a']
splice() メソッド
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
5.512111
◯:Support ✕:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

配列の全要素を削除する

配列の全要素を削除するには、以下のように記述します。

var array = ['a', 'b', 'c'];

array.length = 0;
console.log(array); // []


var array = ['a', 'b', 'c'];

array = [];
console.log(array); // []
配列の全要素を削除する

関連記事