JavaScript - 配列を定義する

配列の定義

JavaScript では、2種類の配列の宣言があります。ひとつは配列コンストラクタ Array オブジェクトで宣言する方法で、もうひとつは配列リテラルで宣言する方法です。現在の JavaScript では、配列リテラルで宣言する方法が主流です。

// 配列コンストラクタ
var array1 = new Array(1, 2, 3);
console.log(array1); // [1, 2, 3]

// 配列リテラル
var array2 = [1, 2, 3];
console.log(array2); // [1, 2, 3]
配列の定義

配列は、様々な形で定義することができます。

// 空配列
var array1 = [];

// 数値の配列
var array2 = [1, 2, 3];

// 文字の配列
var array3 = ["あ", "い", "う", "え", "お"];

// 論理値の配列
var array4 = [true, false];

// 配列の配列
var array5 = [[1, 1, 1], [2, 2, 2]];

// オブジェクトの配列
var array6 = [{id:1, name:"Jon"}, {id:2, name:"Smith"}];

// 属性が混在した配列
var array7 = [1, "あ", true];
配列の定義

配列内の値を取得するには、以下のように記述します。

var array1 = [1, 2, 3];
console.log(array1[0]); // 1
console.log(array1[1]); // 2
console.log(array1[2]); // 3
配列内の値を取得する

配列の長さを取得するには、以下のように記述します。

var array1 = [1, 2, 3];
console.log(array1.length); // 3

var array2 = [{id:1, name:"Jon"}, {id:2, name:"Smith"}];
console.log(array2.length); // 2
配列の長さを取得する

配列の各要素を順番に取り出すには、以下のように記述します。

const items = ['item1', 'item2', 'item3'];

// for を使った取り出し方
for (let i=0; i<items.length; i++) {
  console.log(items[i]);
}

// forEach を使った取り出し方
items.forEach(function(item, index){
  console.log(index, item);
});

// for...of を使った取り出し方
for (const item of items){
  console.log(item);
}
配列の各要素を順番に取り出す

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
18
Shares:
1
Tag:
JavaScript
コードレシピ