JavaScript - 文字列を変換する

String.prototype.toUpperCase()

toUpperCase() メソッドは、呼び出す文字列の値を大文字に変換して返します。toUpperCase() メソッドの構文は以下のとおりです。

str.toUpperCase()
toUpperCase() メソッド

toUpperCase の返り値は、呼び出す文字列の値を大文字に変換した新しい文字列です。ただし、nullundefined が設定された場合は TypeError 例外を返します。

'alphabet'.toUpperCase(); // 'ALPHABET'
toUpperCase() メソッド
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
312111
◯:Support ✕:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

String.prototype.toLowerCase()

toLowerCase() メソッドは、呼び出す文字列の値を小文字に変換して返します。toLowerCase() メソッドの構文は以下のとおりです。

str.toLowerCase()
toLowerCase() メソッド

toUpperCase の返り値は、呼び出す文字列の値を小文字に変換した新しい文字列です。ただし、nullundefined が設定された場合は TypeError 例外を返します。

'ALPHABET'.toLowerCase(); // 'alphabet'
toLowerCase() メソッド
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
312111
◯:Support ✕:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

Number

Number オブジェクトは、数字や null を数値に変換します。Number オブジェクトの構文は以下のとおりです。

new Number(value); 
var a = new Number('123'); // a === 123 is false
var b = Number('123');     // b === 123 is true
a instanceof Number;       // is true
b instanceof Number;       // is false
Number オブジェクト
value
生成されるオブジェクトの数値です。

Number の返り値は、数字や null を数値に変換して返します。

Number('123')       // 123
Number('12.3')      // 12.3
Number('12.00')     // 12
Number('123e-1')    // 12.3
Number('')          // 0
Number(null)        // 0
Number('0x11')      // 17
Number('0b11')      // 3
Number('0o11')      // 9
Number('foo')       // NaN
Number('100a')      // NaN
Number('-Infinity') //-Infinity
Number オブジェクト
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
312111
◯:Support ✕:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

関連記事