JavaScript - 文字列を分割する

split

split の構文は以下のとおりです。

str.split([separator[, limit]])
文字列を分割する - split
separator
文字列を区切ることに使用するための文字を指定します。separator は文字列、もしくは正規表現として扱われます。separator が複数の文字を含んだ文字列の場合、その文字列全体が分割点として表さなければなりません。separator が省略された場合、返される配列は文字列全体から成る1つの要素を含みます。separator が空文字の場合、strstr の各文字に対して1つの要素を含んだ配列に変換されます。このパラメータは、オプションであるため省略可能です。
limit
見つかった分割結果の数の制限を指定する整数です。split() メソッドは、分割した項目数が limit に一致するか、文字列が separator に不足するまで、すべての separator のマッチを分割します。指定された制限より先に文字列の末尾に到達した場合、返される配列は limit より少ない長さかもしれません。残ったテキストは新しい配列に代入されません。このパラメータは、オプションであるため省略可能です。

split の返り値は、与えられた文字列で separator が発生するそれぞれの箇所で分割した文字列の配列です。

var str = 'user-1,user-2,user-3';
var result = str.split();
 
console.log(result); // ["user-1,user-2,user-3"]
文字列を分割する - split

上記の例では、文字列が単純に配列に変換されているだけで分割されていない点に注意してください。文字列を特定の文字で分割するためには第1引数の separator に文字を指定します。下記の例では、separator, を指定して分割しています。

var str = 'user-1,user-2,user-3';
var result = str.split(',');
 
console.log(result); // ["user-1", "user-2", "user-3"]
文字列を分割する - split

separator には正規表現を指定することもできます。

var str = 'user-1 user-2 user-3';
var result = str.split(/\s/);
 
console.log(result); // ["user-1", "user-2", "user-3"]
文字列を分割する - split

分割する数に制限を加えるためには、第2引数の limit に必要な個数を記述します。

var str = 'user-1,user-2,user-3';
var result = str.split(',', 2);
 
console.log(result); // ["user-1", "user-2"]
文字列を分割する - split

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
15
Shares:
1
Tag:
JavaScript
コードレシピ