JavaScript - 乱数を生成する

乱数の生成

JavaScript で乱数の生成するためには Math.random() を使用します。

Math.random(); // 0.8759546732706562
乱数の生成

乱数の範囲指定は、以下の関数で実現できます。以下の関数では、指定した値の間の乱数を返します。戻り値は min 以上 max 未満です。

function getRandomArbitrary(min, max) {
  return Math.random() * (max - min) + min;
}

getRandomArbitrary(10, 20); // 17.570423995593274
乱数の範囲指定

上記のサンプルコードでは、min は含まれますが max は除外されます。戻り値が min 以上 max 以下の乱数を生成したい場合は、以下のように記述します。

function getRandomIntInclusive(min, max) {
  min = Math.ceil(min);
  max = Math.floor(max);
  return Math.floor(Math.random() * (max - min + 1)) + min;
}

getRandomArbitrary(10, 20); // 17.570423995593274
乱数の範囲指定

JavaScript - 四捨五入、切り捨て、切り上げ

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
23
Shares:
2
Tag:
JavaScript
コードレシピ