HTML - object / param 要素

概要

名前
object / param
カテゴリー
object
  • Flow content
  • Phrasing content
  • Embedded content
  • Interactive content
  • Palpable content
  • Form-associated element
  • Listed element
  • Submittable element
param
なし
配置できる場所
object
Embedded content が期待される場所。
param
object 要素の子要素として、Transparent の前に配置する。
コンテンツモデル
object
0 個以上の param 要素と、それに続く Transparent。
param
空要素のため、子ノードを持ちません。
説明
object
object 要素は、様々な外部リソース (画像や別文書、プラグインを使用するデータなど) を HTML 文書に組み込むために使用します。組み込む外部リソースは、data 属性の値として指定します。object 要素を使用する際は、data 属性、または type 属性の少なくとも一方は必ず指定する必要があります。object 要素をネストして複数のデータ形式を用意しておくと、ブラウザが取扱可能なもっとも外側のデータだけが使用され、それよりも内部にある要素内容 (param 要素と map 要素は除く) は無視される仕様になっています。
param
param 要素は、object 要素によって呼び出されるプラグインや Java アプレットにパラメータを渡すために使用する要素です。要素内容として、他の要素よりも前に配置する必要があります。
タグの省略
object
開始タグも終了タグも省略できません。
param
開始タグも終了タグも省略できません。
DOM Interface
object
HTMLObjectElement
param
HTMLParamElement
仕様書
要素仕様書策定状況コメント
objectLS:現行の標準
REC:勧告
REC:勧告
paramLS:現行の標準
REC:勧告
REC:勧告
サポートブラウザ
要素 ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
object1
param11
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

object 要素の属性

object 要素の属性サポートブラウザ
属性名 ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
archive1
border1
classid1
codebase1
codetype1
data1
declare1
form1
height1
name1
standby1
tabindex1
type1
typemustmatch×27
usemap1
width1
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support
グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。
data
リソースのアドレスを有効な URL で指定。data 属性と type 属性のうち、少なくとも 1 つは定義しておく必要があります。
form
オブジェクトがフォームに関連付けられている場合、そのフォームの id を指定。属性値は、同一文書内の form 要素id でなければなりません。
height
表示されるリソースの高さを CSS ピクセル値で指定します。絶対的な値でなければなりません。パーセント値は使用できません。
name
有効な閲覧コンテキストの名前 (HTML5)、またはコントロールの名前 (HTML 4)。
type
data 属性によって指定されたリソースの content typedata 属性と type 属性のうち、少なくとも 1 つは定義しておく必要があります。
typemustmatch
この論理属性は、リソースを使用するためには type 属性の値とリソースの実際の content type が一致していなければならないかを示します。
usemap
map 要素を参照するハッシュ名。'#' の後に map 要素name 属性を繋げた文字列を属性値として記述します。
width
表示されるリソースの幅を CSS ピクセル値で指定します。絶対的な値でなければなりません。パーセント値は使用できません。

非推奨の属性

archive
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
border
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
classid
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
codebase
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
codetype
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
declare
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
standby
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
standby
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
tabindex
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。

param 要素の属性

param 要素の属性サポートブラウザ
属性名 ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
name11
type11
value11
valuetype11
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support
グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。
name
引数の名称です。
value
引数の値です。

非推奨の属性

type
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
valuetype
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。

サンプルコード

object / param 要素のサンプルコードは以下のとおりです。

<!-- 埋め込み Flash 動画 -->
<object data="movie.swf"
  type="application/x-shockwave-flash"></object>

<!-- 引数付き埋め込み Flash 動画 -->
<object data="movie.swf" type="application/x-shockwave-flash">
  <param name="foo" value="bar">
</object>
object / param 要素のサンプルコード

関連記事

HTML の全般的な記事はHTML タグの基本と使い方を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
93
Shares:
0
Tag:
HTML
hatebu icon
hatebu