HTML - bdi 要素

概要

名前
bdi
カテゴリー
  • Flow content
  • Phrasing content
  • Palpable content
配置できる場所
Phrasing content が期待される場所。
コンテンツモデル
Phrasing content
説明
テキストの一部に文字表記の方向が逆のテキストを挿入すると、Unicode の双方向アルゴリズムによって挿入したテキストの前後の語順が変化してしまうことがあります。このようにならないようにするために、テキストの一部を Unicode の双方向アルゴリズムから分離・独立させて、前後のテキストに影響を与えないようにするのが bdi 要素の役割です。bdi 要素は、ユーザが入力したテキストをコンテンツの一部として表示させる場合などに役立ちます。
タグの省略
開始タグも終了タグも省略できません。
DOM Interface
HTMLElement
仕様書
仕様書策定状況コメント
LS:現行の標準
REC:勧告
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
××1016××××
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

属性

グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。

サンプルコード

bdi 要素のサンプルコードは以下のとおりです。

<ul>
 <li><bdi>اَلأَعْشَى</bdi> - 1st place</li>
 <li><bdi>Jerry Cruncher</bdi> - 2nd place</li>
</ul>
bdi 要素のサンプルコード

関連記事

HTML の全般的な記事はHTML タグの基本と使い方を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
5
Shares:
0
Tag:
HTML
hatebu icon
hatebu