HTML - u 要素

概要

名前
u
カテゴリー
  • Flow content
  • Phrasing content
  • Palpable content
配置できる場所
Phrasing content が期待される場所。
コンテンツモデル
Phrasing content
説明
u 要素は、HTML5 で要素のもつ意味と役割が大きく変更された要素です。HTML4.01 や XHTML1.0 では要素内容のテキストを下線付きで表示させるための要素でしたが、HTML5 からは「音声で読み上げた場合には気付かないが、表示上は明確に示されるテキスト以外のものによる注釈」の部分を示す要素となりました。HTML5 以降における u 要素の用途はごく限られており、中国語で固有名詞を示す場合や、スペルが間違っている箇所を示す場合などにほぼ限定されています。
タグの省略
開始タグも終了タグも省略できません。
DOM Interface
HTMLElement
仕様書
仕様書策定状況コメント
LS:現行の標準
REC:勧告
REC:勧告
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
1
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

属性

グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。

サンプルコード

u 要素のサンプルコードは以下のとおりです。

<p>
This paragraph includes a <u>wrnogly</u> spelled word.
</p>
u 要素のサンプルコード

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
6
Shares:
0
Tag:
HTML