HTML - ruby / rt / rp 要素

概要

名前
ruby / rt / rp
カテゴリー
ruby
  • Flow content
  • Phrasing content
  • Palpable content
rt
なし
rp
なし
配置できる場所
ruby
Phrasing content が期待される場所。
rt
ruby 要素の子要素。
rp
ruby 要素の子要素で rt 要素の直前、または直後。
コンテンツモデル
ruby
前半 (1) と後半 (2) の組み合わせを 1 グループとした、1 つ以上のグループ。
  • 1. ruby要素ではなく、かつ ruby 要素を子孫に持たない Phrasing content
  • 1. または ruby 要素を子孫に持たない ruby 要素
  • 2. 1 つ以上の rt 要素
  • 2. または rp 要素の後に 1 つ以上の rt 要素が続き、その後に rp 要素
rt
Phrasing content
rp
Phrasing content
説明
ruby
テキストにルビ (ふりがな) を振るには、ルビを振る対象のテキストがわかるようにするだけでなく、ルビとして表示させるテキストを指定し、必要に応じてその他の関連要素も使用しなければなりません。ruby 要素は、そのようなルビに関連するテキストや要素全体を括る要素です。
rt
rt 要素は、ruby 要素内でルビ (ふりがな) として表示させるテキストを示すために使用します。
rp
rp 要素は、ブラウザがルビ (ふりがな) をサポートしていない場合に、ルビのテキストが ( ) 内に表示されるようにするために使用する要素です。rp 要素の要素内容としては文章内コンテンツを入れることができますが、この要素内容はルビに対応したブラウザではそのまま表示されます。そのため日本語の場合は、ルビとして表示させるテキスト全体の直前に <rp>(</rp> を配置し、直後に <rp>)</rp> を配置するのが一般的な使用方法です。
タグの省略
ruby
開始タグも終了タグも省略できません。
rt
rt 要素の直後に rt 要素または rp 要素がある場合、または親要素内に他のコンテンツがない場合は終了タグを省略可能です。
rp
要素の直後に rt または他の rp 要素が続くとき、または親要素内にそれ以上のコンテンツがない場合は、終了タグを省略可能です。
DOM Interface
ruby
HTMLElement
rt
HTMLElement
rp
HTMLElement
仕様書
要素仕様書策定状況コメント
dlLS:現行の標準
REC:勧告
ddLS:現行の標準
REC:勧告
ddLS:現行の標準
REC:勧告
サポートブラウザ
要素 ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
ruby5385515
rt5×385515
rp5×385515
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

ruby 要素の属性

グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。

rt 要素の属性

グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。

rp 要素の属性

グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。

サンプルコード

ruby / rt / rp 要素のサンプルコードは以下のとおりです。

<ruby>
  山茶花 <rp>(</rp><rt>さざんか</rt><rp>)</rp>
</ruby>
ruby / rt / rp 要素のサンプルコード

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
58
Shares:
0
Tag:
HTML