HTML - q 要素

概要

名前
q
カテゴリー
  • Flow content
  • Phrasing content
  • Palpable content
配置できる場所
Phrasing contentが期待される場所。
コンテンツモデル
Phrasing content
説明
q 要素は、その内容が引用された文章であることを示す要素です。q 要素は、引用文をインライン (HTML5.1 では文章内コンテンツ) の要素として扱いたいときに使用され、ブロックレベルの要素として扱いたいときには blockquote 要素を使用します。q 要素の前後には、ブラウザが引用符を付けて表示することになっています。そのため、q 要素を使用する際、引用文の前後にはカッコや装飾記号で括るべきではありません。ブラウザで表示させる引用符の種類は CSS で変更可能であるため、装飾は CSS で指定を行うべきです。
タグの省略
開始タグも終了タグも省略できません。
DOM Interface
HTMLQuoteElement
仕様書
仕様書策定状況コメント
LS:現行の標準
REC:勧告
REC:勧告
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
1
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

属性

グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。

サンプルコード

q 要素のサンプルコードは以下のとおりです。

<p>
  <q> ... </q> ...
</p>
q 要素のサンプルコード

関連記事

HTML の全般的な記事はHTML タグの基本と使い方を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
4
Shares:
0
Tag:
HTML
hatebu icon
hatebu