HTML - base 要素

概要

名前
base
カテゴリー
Metadata content
配置できる場所
head 要素の中。base 要素が 2 つ以上定義してはいけません。
コンテンツモデル
空要素のため、子ノードを持ちません。
説明
base 要素は、文書中にある相対 URL の基準とする URL と、リンクのデフォルトの表示先 (ウィンドウ、タブ、インラインフレームなど) を設定できる要素です。前者は href 属性で、後者は target 属性で指定します。base 要素を使用する際は、これらの属性のいずれか一方、または両方を必ず指定する必要があります。
タグの省略
開始タグも終了タグも省略できません。
DOM Interface
HTMLBaseElement
仕様書
仕様書策定状況コメント
LS:現行の標準
REC:勧告target の挙動を定義
REC:勧告target の属性を追加
サポートブラウザ
ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
1
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support

属性

サポートブラウザ
属性名 ie
IE
edge
Edge
firefox
Firefox
chrome
Chrome
safari
Safari
opera
Opera
safari
iOS Safari
android
Android
href1
target
○:Support ×:Not Support ?:未定義 n:以降の Version で Support
グローバル属性
すべての要素で共通に利用できるグローバル属性を指定できます。
href
文書全体を通して相対 URL に使用される基底 URL です。この属性を指定する場合、この要素は属性値に URL を持つ他のどの要素よりも先に記述しなければなりません。絶対 URL と相対 URL が使用できます
target
名前またはキーワードで、ハイパーリンクやフォームによって移動が発生したときに、表示先が明確に示されていない要素において、結果を表示する既定の表示場所を示します。これは、閲覧コンテキスト (タブ、ウィンドウ、インラインフレーム、など) を示す名前またはキーワードです。以下のキーワードは特別な意味を持ちます。
  • _self: 同じ閲覧コンテキストに結果を読み込みます。この値は、属性が指定されていない場合の既定値です。
  • _blank: 新しい無名の閲覧コンテキストに結果を読み込みます。
  • _parent: 現在のコンテキストの親の閲覧コンテキストに結果を読み込みます。親がない場合、このオプションは _self と同じ振る舞いをします。
  • _top: 最上位の閲覧コンテキスト (現在のコンテキストの祖先で、それ以上の親をもたない閲覧コンテキスト)に結果を読み込みます。親がない場合、このオプションは _self と同じ振る舞いをします。
この属性が指定された場合、この要素は値が URL である属性を持つ他の要素よりも前に置く必要があります。

サンプルコード

base 要素のサンプルコードは以下のとおりです。複数の base 要素が指定された場合、最初の href と最初の target の値が使用され、他はすべて無視されます。

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
    <head>
        <base href="http://www.example.com/page.html">
    </head>
    <body>
        ...
    </body>
</html>
base 要素のサンプルコード

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
57
Shares:
1
Tag:
HTML