JavaScript - ジャンプ文

ジャンプ文

ジャンプ文 は、ソースコードの別の場所にジャンプするための文です。

例えば break 文を実行すると、ループ文を抜け出し次の文にジャンプします。continue 文を実行すると、ループをスキップして次のループを実行します。

label 文

label を使って、プログラム内の他の場所から参照できる識別子を組み込んだ文が作成できます。例えば、ループの識別にラベルを使い、そのプログラムでループを中断するか、実行を継続するかどうかを指定する場合、ラベルを break 文や continue 文で使用することができます。

loop: for (var i = 0; i < 5; i++){
    for (var j = 0; j < 3; j++){
        break loop;
    }
}

break 文

ループ、switchlabel 文を使った関連付けを終了させるには break 文を使います。

ラベルなしで break を使用すると、最も内側の whiledo...whileforswitch を終了し、次の文に制御を移します。ラベルつきで break を使用すると、指定したラベルつき文まで終了します。

以下の例では、値が theValue である要素のインデックスを探すまで配列の要素を反復します。

for (i = 0; i < a.length; i++) {
    if (a[i] == theValue) {
        break;
    }
}

continue 文

continue 文は whiledo-whileforlabel 文を再開する際に使用されます。

ラベルなしで continue を使用すると、最も内側の whiledo...whilefor 文を終了し、次のループの実行を継続します。break 文はループを終了するのに対して continue はループを継続します。while ループの場合、条件にジャンプします。for ループの場合、加算式 にジャンプします。ラベルつきで continue を使用すると、この動作がそのラベルによって識別されるループ文に対して適用されます。

以下の例では i の値が 3 のときに実行される continue 文が使用された while ループを示しています。この場合 n の値は 1、3、7、12 となります。

var i = 0;
var n = 0;
while (i < 5) {
  i++;
  if (i == 3) {
    continue;
  }
  n += i;
}

return 文

return 文は関数の実行を終了して、関数の呼び出し元に返す値を指定します。

function square(x) {
   return x * x;
}

関数内で return 文を呼び出すと関数の実行が停止します。値が指定されていれば、その値を関数の呼び出し元に返します。式が省略されている場合は undefined が代わりに返ります。以下の return 文は、すべて関数の実行を終了します:

return;
return true;
return false;
return x;
return x + y / 3;

関連記事

JavaScript のまとめページはプログラミング JavaScript 入門を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
14
Shares:
0
Tag:
JavaScript
hatebu icon
hatebu