JavaScript - カンマ演算子

カンマ演算子

カンマ演算子は二項演算子です。オペランドには任意の型の値を指定できます。まず左側のオペランドを評価し、次に右側のオペランドを評価し、最後に右側のオペランドの値を返します。次の例を見てください。

i=0, j=1, k=2;

この式を評価すると 2 になります。上記のコードは次のように書いても同じです。

i = 0; j = 1; k = 2;

左側の式は評価されますが、値は捨てられます。つまり、カンマ演算子を使って意味があるのは、左側の式に副作用がある場合だけです。カンマ演算子が使われるのは、for ループで複数のループ変数を使うときが一般的です。

for(let i=0, j=10; i < j; i++, j--)

関連記事

JavaScript のまとめページはプログラミング JavaScript 入門を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
26
Shares:
0
Tag:
JavaScript
hatebu icon
hatebu