JavaScript - 条件演算子

条件演算子

条件演算子は conditiontrue の場合、演算子は expr1 の値を返します。そうでない場合は expr2 の値を返します。

// condition ? expr1 : expr2
x > 0 ? x : -x // x の絶対値。

条件演算子を使って別々のメッセージを表示するには、以下のようにします。

"The fee is " + (isMember ? "$2.00" : "$10.00");

条件演算子の結果に基づいて、値を変数に代入することもできます:

var pi = Math.PI > 4 ? "Yes" : "No";

条件演算子をネストすることもできます。

var firstCheck = false,
    secondCheck = false,
    access = firstCheck ? "denied" : secondCheck ? "denied" : "granted";
  
console.log( access ); // "granted"

別々の処理を行うため、任意の位置で三項演算を用いることもできます。

var stop = false, age = 16;

age > 18 ? location.assign("continue.html") : stop = true;

処理をカンマで区切ることで複数の処理を定義することもできます。

var stop = false, age = 23;

age > 18 ? (
    alert("OK, you can go."),
    location.assign("continue.html")
) : (
    stop = true,
    alert("Sorry, you are much too young!")
);

関連記事

JavaScript のまとめページはプログラミング JavaScript 入門を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
14
Shares:
0
Tag:
JavaScript
hatebu icon
hatebu