JavaScript - プロパティアクセス式

プロパティアクセス式

プロパティアクセス式が評価されると、オブジェクトプロパティの値、または配列の要素の値になります。JavaScript にはプロパティにアクセスするための構文が 2 つ用意されています。ひとつは、式の後にピリオドと識別子を記述する方法で、もうひとつはオブジェクト、または配列の後に角括弧で囲んだ式を記述する方法です。

var o = { x:1 };

console.log(o.x);    // 1
console.log(o["x"]); // 1

オブジェクトと配列のプロパティにアクセスする例は以下の通りです。

var o = {x:1,y:{z:3}};
o.x       // 1: o のプロパティ x の値。
o.y.z     // 3: o.y のプロパティ z の値。
o["x"]    // 1: o のプロパティ x の値。

var a = [o,4,[5,6]];
a[1]      // 4: a のインデックス 1 の要素の値。
a[2]["1"] // 6: a[2] のインデックス 1 の要素の値。
a[0].x    // 1: a[0] のプロパティ x の値。

どちらのプロパティアクセス式も左側にある式が先に評価されます。評価した値が nullundefined である場合 TypeError が発生します。

関連記事

JavaScript のまとめページはプログラミング JavaScript 入門を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
30
Shares:
0
Tag:
JavaScript
hatebu icon
hatebu