JavaScript - 単項式

単項式

他の式を含まない式を単項式と呼びます。単項式は、定数値 (リテラル)、キーワード、変数参照があります。リテラルとは、プログラム中に直接埋め込まれた定数値です。

1.23      // 数値リテラル。
"hello"   // 文字列リテラル。
/pattern/ // 正規表現リテラル。

JavaScript の予約語には単項式として使えるものもあります。

true  // 論理値の true の値に評価される。
false // 論理値の false の値に評価される。
null  // null 値に評価される。
this  // 現在のオブジェクトに評価される。

this キーワードは、オブジェクト指向プログラミングでよく使われるキーワードです。オブジェクト指向プログラミングについてはオブジェクト指向を参照してください。

i         // 変数 i の値に評価される。
sum       // 変数 sum の値に評価される。
undefined // undefined はグローバル変数。

プログラム中に識別子が現れた場合、JavaScript は変数と認識して値を検索します。該当する名前の変数が存在しない場合、式は undefined 値に評価されます。ただし、ECMAScript 5 の strict モードでは、存在しない変数を評価しようとすると ReferenceError が発生します。

関連記事

JavaScript のまとめページはプログラミング JavaScript 入門を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
31
Shares:
0
Tag:
JavaScript
hatebu icon
hatebu