JavaScript - オブジェクト

オブジェクト

オブジェクト (object) は複数の値や複雑な値を表すことができます。オブジェクトを作成するためには、以下の3通りの方法があります。

  • new Object() で作成する
  • {...} のリテラル表現で作成する
  • Object.create() で作成する

new Object() でオブジェクト作成する例は以下のとおりです。

// 空のオブジェクトを作成する
var o = new Object();
var o = new Object(undefined);
var o = new Object(null);

// オブジェクトを格納する
var o = new Object(true);      // new Boolean(true);  に同じ
var o = new Object(Boolean()); // new Boolean(false); に同じ
var o = new Object(12.3);      // new Number(12.3);   に同じ
var o = new Object("ABC");     // new String("ABC");  に同じ

// プロパティを定義する
var myCar = new Object();
myCar.make  = 'Ford';
myCar.model = 'Mustang';
myCar.year  = 1969;
new Object() で作成する

{...} のリテラル表現でオブジェクト作成する例は以下のとおりです。

// 空のオブジェクトを作成する
var o = {};

// プロパティを定義する
var myCar = {};
myCar.make  = 'Ford';
myCar.model = 'Mustang';
myCar.year  = 1969;
{...} のリテラル表現で作成する

Object.create() でオブジェクトを作成するする例は以下のとおりです。親のプロトタイプを継承して、子のオブジェクトに設定することができます。

// 親オブジェクトを作成する
function parentObj() {};
parentObj.prototype.foo = "bar";

// 子オブジェクトを作成する
function childObj() {}
childObj.prototype = Object.create(parentObj.prototype);

console.log(childObj.prototype.foo); // bar
Object.create() で作成する

オブジェクトに記憶されるもののことをプロパティと呼びます。プロパティは「名前」と「値」からなります。

obj.color = "blue";
プロパティの定義

プロパティにアクセスするには . を使います。また ["..."] の形でプロパティ名を指定することもできます。

const obj = {};
obj.color = "blue";

console.log(obj.color);    // blue
console.log(obj["color"]); // blue
console.log(obj[color]);   // ReferenceError
プロパティの定義

プロパティを削除するためには delete 演算子を使います。

const obj = {color:"blue"};
console.log(obj.color);    // blue

delete obj.color;
console.log(obj.color);    // undefined
プロパティの削除

プロパティが存在するか確認するためには in 演算子を使います。

const obj = {color:"blue"};
"color" in obj; // true
プロパティのテスト

関連記事

JavaScript のまとめページはプログラミング JavaScript 入門を参照してください。

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
58
Shares:
0
Tag:
JavaScript