Python - タプル

タプル

タプルは、リストと同様に任意の要素を集めたシーケンスオブジェクトです。ただし、リストとは異なりタプルはイミュータブル (不変) であり、タプルを定義した後では要素の追加、変更、削除はできません。そのため、タプルは定数リストとして扱うことができます。

タプルはリストと比べて関数がかなり少なく、countindex しかありません。タプルを利用するシーンとしては、以下のような場合があります。

  • タプルは、消費スペースが小さい。
  • タプルの要素は、誤って書き換える危険がない。
  • タプルは辞書のキーとして使える。
  • 名前付きタプルは、オブジェクトの単純な代用品として使える。
  • 関数の引数は、タプルとして渡される。

空のタプルは以下のように実装できます。

empty_tuple = ()
print(empty_tuple)
()
空タプルの作成

1 個以上の要素を持つタプルは、個々の要素をカンマで区切ります。要素が 1 個のタプルも末尾にカンマを付けて作ります。

one_tuple = 'A',
print(one_tuple)
# ('A',)
要素が 1 個のタプルの作成

要素が複数ある場合は、すべての要素の後ろにカンマを付けます。ただし、最後の要素の後ろのカンマは省略できます。

tuple = 'A', 'B', 'C'
print(tuple)
# ('A', 'B', 'C')
要素が複数のタプルの作成

タプルを表示すると () が追加されますが、定義するときに () が必ずしも必要になるわけではありません。タプルを定義するために必要になるのは、値を区切る , です。しかし、() を使ってもエラーにはなりません。値全体を () で囲むと可読性が向上し、タプルだとわかりやすくなります。

tuple = ('A', 'B', 'C')
print(tuple)
# ('A', 'B', 'C')
わかりやすいタプルの定義

タプルを使うと、一度に複数の変数を代入することができます。

tuple = ('A', 'B', 'C')
a, b, c = tuple
print(a)
# A
print(b)
# B
print(c)
# C
タプルを使った変数の代入

tuple() 関数を使うと他の型からタプルを作ることができます。

list = ['A', 'B', 'C']
print(tuple(list))
# ('A', 'B', 'C')
tuple() 関数を使ったタプルの作成

関連記事

Category:
プログラミング
公開日:
更新日:
Pageviews:
17
Shares:
0
Tag:
Python