WordPress ブログの始め方

はじめに

このページでは、WordPress (ワードプレス) ブログの始め方を説明していきます。このページの読者は、以下の条件を満たす読者が対象となります。

  • 独自ドメインを取得したい
  • レンタルサーバを契約したい
  • 各種設定方法が何も分からない

WordPress ブログを始めるまでの手順を詳細に画像付きで説明していきます。もしも、本ページで不明な点がある場合はお問い合わせください。また、WordPress は難しいと感じる場合は、オンラインブログサービスのはてなブログも検討してください。はてなブログの始め方の詳細については、はてなブログの始め方を参照してください。

ドメインの取得方法

ここでは、お名前.com を利用してドメインを取得する手順を説明します。以下のリンクから、お名前.com にアクセスしてください。

注意アイコン
お名前.com のサービス品質について
お名前.com と契約すると、大量のメールが送付されてきます。特にドメイン失効の期限切れに関する注意喚起メールや、契約更新の案内メールは1ヶ月前からほぼ毎日のように配信されます。これらのメールは設定で配信停止することもできないため、不快に感じる人もいます。そのためドメイン取得サービスは、競合他社との比較を慎重に行った上で選定するべきです。

トップページから、取得希望のドメイン名を入力して検索ボタンをクリックします。もしも、候補が複数ある場合は複数検索をクリックすることで、ドメインの空き状況をまとめて確認することができます。ここでは murashun を入力したケースについて進めていきます。

取得希望のドメイン名を入力
取得希望のドメイン名を入力

ドメインの空き状況が確認できる画面です。.jp は、本サイトで使われているため選択できませんが、それ以外は取得可能です。表示されている価格は、1年分の料金となります。.work.xyz などのドメインは安く設定されていますが、2年目以降は高くなるためランニングコストはドメインの料金表から確認しましょう。どのドメインにするべきか迷う場合は、.com.jp など一般的なドメインを選択しましょう。ここでは .com を選択したケースについて進めていきます。

希望するドメイン名の選択
希望するドメイン名の選択

ドメインを選択すると、右側の選択した商品にドメインが追加されます。料金確認へ進むボタンをクリックします。

料金確認へ進む
料金確認へ進む

選択したドメインの登録年数を選択します。「Whois情報公開代行メール転送オプション」と「ドメインプロテクション」のサービスは選択しなくても問題ありません。また、初めて利用する場合は、会員登録が必要になります。会員登録をするためには、右側の初めてご利用の方を選択し、メールアドレス・パスワードを入力してから次へボタンをクリックしてください。

申し込み情報の確認
申し込み情報の確認

会員情報の入力を行います。必須項目をすべて入力してから次へ進むボタンをクリックしてください。

会員情報の入力と登録
会員情報の入力と登録

支払い情報の選択と入力を行います。画面はクレジットカード情報の入力画面になっていますが、その他の支払い方法を選択することも可能です。情報を入力し、申込み内容が間違いないことを確認してから申込むボタンをクリックしてください。

支払い方法の選択と入力
支払い方法の選択と入力

申込情報を処理する画面です。処理が完了するまで操作は行わずにそのまま待機します。

申し込み完了処理中
申し込み完了処理中

下記の画面が表示されると申込みは完了です。お名前.com からメールが届いていますので、メールからドメイン情報の認証を完了させます。

申し込み完了
申し込み完了

お名前.com から合計5通のメールが届いています。その中の、ドメイン情報認証のお願いというメールを開きます。

ドメイン情報認証メール
ドメイン情報認証メール

メールの中に認証を行うための URL が記載されています。認証期限は2週間です。それまでに、その URL をクリックして認証を完了させてください。

ドメイン情報認証 URL
ドメイン情報認証 URL

認証を行うための URL をクリックし、認証が完了すると以下の画面が表示されます。これでドメインの取得は完了です。

認証完了
認証完了

レンタルサーバの契約方法

ここでは、XSERVER (エックスサーバ) のレンタルサーバを契約する手順を説明します。以下のリンクから、XSERVER にアクセスしてください。

トップ画面のメニューからお申し込みを選択し、お申し込みフォームをクリックしてください。

お申込みフォームの選択
お申込みフォームの選択

新規お申し込みボタンをクリックしてください。新規申し込みの場合、10 日間の無料お試し期間が付与されています。

新規お申込みの選択
新規お申込みの選択

お申し込みフォームに契約内容を入力してください。サーバ ID は独自ドメインと同じ文字列にする必要はなく、任意の文字列で構いません。プランは X10 (スタンダード) を選択しましょう。

契約内容の入力
契約内容の入力

お申し込みが完了すると、以下の画面が表示され、エックスサーバからユーザアカウント情報のメールが届きます。p から始まる会員 ID とパスワードは、次のインフォパネルにログインする際に使用しますので、大切に保管してください。

お申込み完了
お申込み完了

各種設定方法

この時点で、ドメインの契約と、レンタルサーバの契約が完了しているはずです。次にお名前.com とエックスサーバの情報を連携させるための設定を行います。

お名前.com 側の設定方法

以下のリンクからお名前.com Navi にアクセスし、お名前.com から届いたメールに書いてある お名前 ID (会員 ID) とパスワードを使ってログインをしてください。

画面左上のメニューから TOP を選択し、ご利用状況にあるドメイン一覧をクリックしてください。

ドメイン一覧の選択
ドメイン一覧の選択

取得したドメインの初期設定のリンクをクリックしてください。

初期設定を選択
初期設定を選択

ドメインの選択にチェックが付いていることを確認し、その他をクリックしてください。

ネームサーバ設定からその他を選択
ネームサーバ設定からその他を選択

その他のネームサーバを使うを選択し、ネームサーバを設定します。ネームサーバの設定値は、エックスサーバからのメールに以下の情報が書かれています。

  • ネームサーバ1: ns1.xserver.jp
  • ネームサーバ2: ns2.xserver.jp
  • ネームサーバ3: ns3.xserver.jp
  • ネームサーバ4: ns4.xserver.jp
  • ネームサーバ5: ns5.xserver.jp

これらの情報をすべて入力します。入力欄が足りない場合は「+」ボタンをクリックすることで入力欄を増やすことができます。また、プライマリネームサーバと、セカンダリネームサーバと書かれていますが、1~5の順番で入力すれば問題ありません。入力後は、確認ボタンをクリックしてください。

ネームサーバの設定
ネームサーバの設定

確認画面が表示されますので、内容に間違いがなければ OK ボタンをクリックしてください。

ネームサーバの確認
ネームサーバの確認

完了画面が表示されれば、お名前.com 側の設定は完了です。

ネームサーバの設定完了
ネームサーバの設定完了
注意アイコン
設定の反映時間について
設定の反映には最大で 72 時間かかる場合があります。

エックスサーバ側の設定方法

以下のリンクからサーバパネルにアクセスし、エックスサーバから届いたメールに書いてあるサーバ IDサーバパスワードを使ってログインをしてください。メールにはユーザアカウント情報と、サーバアカウント情報の2つが書かれているため間違えないように注意してください。ここでログインするために使う情報は、サーバアカウント情報となります。

ドメイン欄のドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定の選択
ドメイン設定の選択

ドメイン設定追加をクリックします。

ドメイン設定追加の選択
ドメイン設定追加の選択

お名前.com で取得したドメイン名を入力してください。また、以下の機能にもチェックが入っていることを確認して、確認画面へ進むボタンをクリックしてください。

  • 無料独自SSLを利用する(推奨)
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)
ドメイン名の入力
ドメイン名の入力

内容に間違いがなければ、追加するボタンをクリックしてください。

ドメイン設定追加の確認
ドメイン設定追加の確認

ドメイン設定追加の完了画面が表示されれば、ドメインの設定追加が完了しました。

ドメイン設定追加の完了
ドメイン設定追加の完了
注意アイコン
設定の反映時間について
設定の反映には数時間 ~ 24 時間かかる場合があります。設定が反映されるまでは「無効な URL です」と表示されますが、失敗ではないので問題ありません。

WordPress のインストール方法

エックスサーバのサーバパネルから、WordPress 簡単インストールをクリックしてください。

WordPress のインストールの選択
WordPress のインストールの選択

WordPress インストールをクリックします。

WordPress のインストールの選択
WordPress のインストールの選択

WordPress インストール項目を以下のとおり入力します。

  • インストール URL:(空白)
  • ブログ名:任意のブログ名 (後から設定で変更可能)
  • ユーザ名:WordPress にログインするためのユーザ名
  • パスワード:WordPress にログインするためのパスワード
  • メールアドレス:自身の管理するメールアドレス
  • キャッシュ自動削除:ON
  • データベース:自動でデータベースを生成する
WordPress のインストール項目の入力
WordPress のインストールの項目の入力

内容に間違いがなければ、インストールするをクリックしてください。

WordPress のインストールの確認
WordPress のインストールの確認

インストールが完了すると、以下の情報が表示されます。これらの情報は WordPress を管理するために必要になるため大切に保管しておきましょう。

WordPress のインストールの完了
WordPress のインストールの完了

上記のログイン用 URL をクリックしてください。正しく WordPress にアクセスできると、ログイン画面が表示されますので、ID と パスワードでログインを行ってください。

WordPress ログイン画面
WordPress ログイン画面

ログインが成功すると、ダッシュボード画面が表示されます。

WordPress ダッシュボード画面
WordPress ダッシュボード画面

WordPress の HTTPS 設定

WordPress のインストールが完了した後に設定しなければならない HTTPS 設定について説明します。WordPress にログインし、ダッシュボード画面から設定をクリックしてください。

以下のとおり、設定を変更してください。

  • キャッチフレーズを削除して空欄にする
  • WordPress アドレス (URL) を http:// から https:// に変更する
  • サイトアドレス (URL) を http:// から https:// に変更する
WordPress 一般設定画面
WordPress ダッシュボード画面
注意アイコン
設定の反映時間について
設定の反映には数時間 ~ 24 時間かかる場合があります。設定が反映されるまでは「無効な URL です」と表示されますが、失敗ではないので問題ありません。

次にエックスサーバ側の設定を変更します。この変更は、ユーザが http:// にアクセスしても、常に https:// に飛ばす (リダイレクトする) ための設定です。

注意アイコン
.htaccess について
.htaccess の編集を間違えると 500 internal server error が発生し、サイトにアクセスできなくなります。.htaccess を編集するときは必ずバックアップを取得し、もしもエラーが発生した場合にはバックアップから戻せる状態にしてください。

まずはサーバパネルから、.htaccess 編集をクリックしてください。

.htaccess 編集の選択
.htaccess 編集の選択

.htaccess 編集をクリックしてください。

.htaccess 編集の選択
.htaccess 編集の選択

.htaccess の先頭に、以下をコピーしてください。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
http から https にリダイレクトする例
.htaccess の編集
.htaccess の編集

最終的に、以下のような形になっていることを確認して、実行するボタンをクリックしてください。

.htaccess の編集の確認
.htaccess の編集の確認

以上で、HTTPS の設定は終了です。.htaccess の書き方は、.htaccess の書き方、または.htaccess の設定レシピ集を参照してください。

プラグインのインストール

WordPress の機能のひとつにプラグインがあります。プラグインとは、標準では実装されていない機能を個別に切り出したパッケージです。例えば、SEO 対策、質問フォーム、目次などを簡単に作成できる機能を個別に切り出しているものがプラグインになります。SEO 対策の知識がなくても、SEO 対策のプラグインをインストールすることで、簡単に SEO 対策を行うことができます。

最初から含まれているプラグインについて

WordPress に最初から含まれているプラグインと、有効化するべきかどうかは以下のとおりです。

最初からインストールされているプラグイン一覧
最初からインストールされているプラグイン一覧
最初から含まれているプラグインと有効化の要否
プラグイン名要否説明
Akismet Anti-Spam
(アンチスパム)
条件付き推奨ブログにコメント機能を使用する場合、有効化することが推奨されます。Akismet Anti-Spam (アンチスパム) はコメントを自動的にスパムかどうかをチェックし、フィルターするプラグインです。
Hello Dolly不要管理画面の右上に歌詞がランダム表示されるプラグインです。ただ雰囲気を盛り上げるためだけのプラグインですので削除しても問題ありません。
TypeSquare Webfonts for
エックスサーバー
不要エックスサーバが提供する Web フォントを利用できるプラグインです。Web フォントはエックスサーバ以外からも入手可能ですが、エックスサーバが提供する Web フォントを使いたい場合のみ有効化してください。

新しいプラグインのインストール方法

WordPress で新しいプラグインをインストールする場合、ダッシュボードのプラグインから新規追加をクリックしてください。

All In One SEO Pack
All In One SEO Pack

プラグインの追加はいくつかのカテゴリから選択することができます。一般的には目的のプラグインを検索によって探し出し、インストールします。プラグインは、インストール有効化の2つのステップを踏まなければ有効になりません。

注意アイコン
プラグインのリスクについて
プラグインは誰でも作成することができます。そのため、プラグインを闇雲にインストールすることは、セキュリティ上のリスクを高めることになります。セキュリティホールのあるプラグインをインストールした場合、悪意のある第三者に攻撃されるリスクを負います。また、プラグインをインストールし過ぎることはサイト全体のパフォーマンスを劣化させます。そのため、信頼できるプラグインを必要最低限インストールすることをおすすめします。

おすすめのプラグイン

ここでは WordPress を使っている多くの人がインストールしているおすすめのプラグインを紹介します。

All In One SEO Pack

SEO 対策のプラグインはいくつかありますが、もっとも有名なプラグインのひとつです。SEO 対策の詳細については、検索エンジン最適化とはを参照してください。

All In One SEO Pack
All In One SEO Pack
  1. プラグインのキーワード検索で All In One SEO Pack と入力して検索する
  2. 今すぐインストール ボタンをクリックする
  3. 有効化 ボタンをクリックする

Google XML Sitemaps

Google にサイト情報を渡すための Sitemaps (サイトマップ) を作成するためのプラグインです。Sitemaps (サイトマップ) の詳細については、sitemap.xml の作り方を参照してください。

Google XML Sitemaps
Google XML Sitemaps
  1. プラグインのキーワード検索で Google XML Sitemaps と入力して検索する
  2. 今すぐインストール ボタンをクリックする
  3. 有効化 ボタンをクリックする

WP Multibyte Patch

WordPress でマルチバイト (日本語) を扱うときに文字化けを防いでくれるプラグインです。

WP Multibyte Patch
WP Multibyte Patch
  1. プラグインのキーワード検索で WP Multibyte Patch と入力して検索する
  2. 今すぐインストール ボタンをクリックする
  3. 有効化 ボタンをクリックする

Google アナリティクスの設定

Google アナリティクスは、Webページのアクセス解析サービスです。ブラウザ上で動作するWebアプリケーションのため、専用のソフトウェアをインストールする必要もありません。自分のWebサイトとGoogleのアカウントさえあれば、すぐにでも始めることができます。他のアクセス解析サービスと比較して導入しやすいこともGoogle アナリティクスの良いところです。

Google アナリティクスは、人気のないコンテンツページの分析や、閲覧者の動向から何を求めているかを把握するために利用されます。問題のあるページや閲覧者の動向に対して、適切な対策を打つことでアクセスが向上する可能性があります。

ただし、注意しなければならないのは、Google アナリティクスは問題点を直接教えてくれるわけではないということです。Google アナリティクスは問題点を探すためのヒントを提示しているに過ぎません。アクセス解析結果から、何が問題なのか、どのように改善すれば良いのかは自ら考えて答えを出す必要があります。

Google アナリティクスの詳細な記事は、Google アナリティクスの設定と使い方を参照してください。

トラッキング ID を取得する

Google アナリティクスをサイトに設定するためには、トラッキング ID を取得する必要があります。トラッキング ID をサイト内に埋め込むことでトラフィックの集計を行えるようになります。

以下のリンクから Google マーケティングプラットフォームにアクセスします。Google マーケティングプラットフォームのアナリティクスから設定ボタンをクリックしてください。

Google マーケティングプラットフォーム
Google マーケティングプラットフォーム

登録ボタンをクリックしてください。

Google アナリティクスの登録
Google アナリティクスの登録

新しいアカウント情報を以下の例を参考に入力し、トラッキング ID を取得ボタンをクリックしてください。ここで設定した項目は後から変更することができます。

新しいアカウントの登録
新しいアカウントの登録
アナリティクスアカウントの設定一覧
設定項目設定例説明
トラッキングの対象ウェブサイト ウェブサイトは、自身が管理するHTMLのWebサイトをトラッキングします。モバイルアプリは、AndroidアプリやiOSアプリの操作をトラッキングします。
アカウント名murashun.com プロパティ、ビューをまとめる最上位の単位であるアナリティクスアカウントの名前を設定します。
ウェブサイトの名前murashun.com ウェブサイト名とありますが、実態はプロパティ名を設定します。
ウェブサイトのURLhttps://murashun.com 解析対象のウェブサイトの URL を入力します。スキームは http と https のいずれかを選択できます。
業種その他 解析対象のWebサイトが属する業種を選択します。業種選択は、データ共有設定オプションに同意した場合、データを業種別に集計される際に利用されます。
レポートのタイムゾーン日本 レポートの日付のベースとなる国や地域のタイムゾーンを選択します。

Google アナリティクス利用規約に同意するため、以下の例を参考に入力し、同意するボタンをクリックしてください。

Google アナリティクス利用規約の同意
Google アナリティクス利用規約の同意

以下の画面からトラッキング ID が取得できます。トラッキング ID は UA から始まる ID です。トラッキング ID をサイトに設定すると、自動的にデータを受信します。データが受信していない場合、ステータスの欄には過去 48 時間に受信したデータはありません。と表示されます。トラッキング ID の設定方法は後述します。

トラッキング ID の取得 (データ未受信)
トラッキング ID の取得 (データ未受信)

データを正常に受信すると、ステータス欄には過去 48 時間にトラフィックデータを受信しています。と表示されます。

トラッキング ID の取得 (データ受信済)
Google アナリティクス利用規約の同意

トラッキング ID の設定

WordPress の場合は、プラグインにトラッキング ID を設定する場所が設けられています。ここでは All in One SEO のプラグインを例に説明します。

All in One SEO プラグインの一般設定には、Google アナリティクス ID という項目があります。その場所にトラッキング ID を設定し、設定を更新ボタンをクリックすると設定が完了します。

All in One SEO にトラッキング ID を埋め込む例
All in One SEO にトラッキング ID を埋め込む例

まとめ

以上で WordPress の準備は完了です。お疲れ様でした。WordPress で楽しいブログライフを送ってください。もしも、上記の手順で何か不明な点がありましたら、ツイッター、メール、質問箱などでご質問ください。

Category:
WEBデザイン
公開日:
更新日:
Pageviews:
504
Shares:
6
Tag:
WordPress
ブログ
サイト構築