iPhone6s の A9 チップが TSMC 製か Samsung 製かを調べる方法

公開日:
更新日:
0iPhone

iPhone6s の A9 チップとは

iPhone6s には、"A9" と呼ばれる CPU が搭載されています。CPU とはコンピュータの頭脳にあたる部品で、ソフトウェアの様々な処理を行います。この A9 チップは、台湾メーカーの TSMC 製 (Taiwan Semiconductor Manufacturing Co 製) と、韓国メーカーの Samsung 製の 2 種類があります。


なぜ 2 社のメーカーによるチップの供給が行われているかと言うと、iPhone6 の発売時に供給が遅れるといった問題があったためです。iPhone6 の製造時、Apple と Samsung の間には端末における訴訟問題があり、チップの調達先を Samsung から TSMC にしていた経緯がありました。しかし、Apple も製品の供給が遅れる問題を抱えることになるため、予防策として調達先のサプライチェーンを多様化することを決定しています。

各製造元のチップ性能の差

上記の経緯から、iPhone6s のチップは 2 社のメーカーによる供給となりましたが、2 社のメーカーによるチップ性能は同じではありません。 結論から言えば、TSMC 製のチップが Samsung 製のチップより性能が優れています。


まず、チップの大きさで言えば、TSMC 製は 16 nm プロセスで製造され、Samsung 製は 14 nm プロセスで製造されているため、Samsung 製のチップの方が 10 % 程小さいチップになります。


次に、バッテリーの消費量ですが、Redditでは "Geekbench 3" でのバッテリーベンチマークを行った結果、TSMC 製の方が Samsung 製よりも 1 時間 45 分も長く駆動しました。また、発熱量や処理能力についても若干 TSMC 製の方が有利ですが、こちらは誤差の範囲内とのことです。


Geekbench3でのバッテリーベンチマーク結果
Geekbench3でのバッテリーベンチマーク結果
TSMC's A9 Chip Outperforming Samsung's in Early iPhone 6s Battery Benchmarks

多くのユーザには端末によって 2 時間に近いバッテリー性能の差があることは見逃せない事実だと思います。そのような事実がある以上、誰もが TSMC 製のチップが搭載された iPhone6s を購入したくなると思います。しかし、購入前にどちらのチップが搭載されているか確認する手段はなく、初期不良でもない限り、交換や修理などにも対応できないため、どちらのチップに当たるかは運次第となります。

チップの製造元を調べる方法

チップが TSMC 製か、Samsung 製か調べるには、アプリの "Battery Memory System Status Monitor" で調べることができます。Battery Memory System Status Monitor は、以下からダウンロードできます。


App Store
DOWNLOAD


インストール完了後、"System" の画面に表示されている "Model" の項目を確認することで、チップの製造元がどちらかわかります。


Samsung 製は N71AP (iPhone6s) / N66AP (iPhone6s Plus)

TSMC 製は N71mAP (iPhone6s) / N66mAP (iPhone6s Plus)


Battery Memory System Status Monitorで見るチップ情報(TSMC製の例)
Battery Memory System Status Monitorで見るチップ情報(TSMC製の例)

チップ供給量の割合

TSMC 製のチップと Samsung 製のチップは、全体的には半々の割合ですが、iPhone6s と iPhone6s Plus では割合に差があります。以下は、ヒラクチャン氏 (@hirakujira) が作成した判定ツールにより判定、収集された 10 月 12 日時点のデータをもとにグラフ化した日本における iPhone6s と iPhone6s Plus の全体的なチップ供給量の割合です。ただし、母数が不明であるため、参考程度の情報です。これらの最新情報は、CPU Identifier から取得することが可能です。


日本における iPhone6s と iPhone6s Plus の全体的なチップ供給量の割合
日本における iPhone6s と iPhone6s Plus の全体的なチップ供給量の割合

また、以下はiPhone6s/6s Plus の各モデルにおけるチップ供給量の割合です。各モデルとも全体的に Samsung 製のチップの割合が多いですが、iPhone6s Plus は TSMC 製のチップが 70 % を超えています。


iPhone6sの各モデルにおけるチップ供給量の割合iPhone6s Plusの各モデルにおけるチップ供給量の割合
iPhone6s/6s Plus の各モデルにおけるチップ供給量の割合

チップ性能の差における Apple の見解

Apple はこれらのチップ性能の差について、正式に認めています。しかし、指摘されているほど大きな差はないとの以下の見解を示しています。



iPhone6s/6s Plus におけるチップ製造メーカーごとのバッテリー性能差は 2 ~ 3 % 程度の差に収まるものである。(このところ様々な実験が行われているが) いずれの実験方法についても、断続的に CPU に強い負荷をかけ続けるという、現実世界の使用方法としては考えられないものなので、実験の結果がすべて正しいものではない。これらは現実世界におけるバッテリー性能を計測する上で誤った方法である。
Apple: Data shows TSMC and Samsung iPhone 6S models have similar battery life


Apple は過去に iPhone6 Plus のカメラに不具合があったとき、レンズ交換の対応を行った経緯がありますが、今回のチップ性能の差による問題については、そのような対応を行わないということになります。上記のコメントの通り、断続的に CPU に負荷をかけ続けるというテスト結果は現実世界の使用方法とは言えず、さほど気にするポイントではないのかもしれませんが、ユーザからすればやや不公平感が残ります。

まとめ

一部のサイトでは、TSMC 製のチップが "アタリ" で、Samsung 製のチップが "ハズレ" と揶揄する記事も見かけますが、どちらのチップであっても iPhone6s は従来の iPhone6 と比較して CPU 性能が 70 %、GPU が 90 % も向上している素晴らしい端末です。また、バッテリーは使用頻度や充電頻度によって性能が劣化することはどうしても避けられないため、よほどのヘビーユーザーでなければ気にならないレベルだと思います。Samsung 製のチップでも iPhone6s の価値が下がるわけではないため、細かいことにこだわらず iPhone6s を楽しみましょう。