Google アナリティクスの導入手順

公開日:
更新日:
0Google Analytics

Google アナリティクスとは

Google アナリティクスは、Webページのアクセス解析サービスです。ブラウザ上で動作するWebアプリケーションのため、専用のソフトウェアをインストールする必要もありません。自分のWebサイトとGoogleのアカウントさえあれば、すぐにでも始めることが出来ます。他のアクセス解析サービスと比較して導入しやすいこともGoogle アナリティクスの良いところです


Google アナリティクスの良いところは他にもあります。先進的で使いやすく、高機能であり、非常にCoolなところです。アクセス解析結果は、様々な統計種別ごとに数値化やグラフ化がされているため、視覚的にも把握しやすいユーザインターフェースとなっています。また、Google アナリティクスには有料版と無料版がありますが、個人サイトでは無料版でも十分に実用的であり、広告も表示されない※1ためデザインへの影響もありません。無料版と有料版の違いについては、公式ページをご確認下さい。


Google アナリティクスのスタンダードサービスとプレミアムサービスの違いについて

Google アナリティクスを使う目的

Google アナリティクスを使う目的は、人気のないコンテンツページの分析や、閲覧者の動向から何を求めているかを把握するために利用されます。問題のあるページや閲覧者の動向に対して、適切な対策を打つことでアクセスが向上する可能性があります。ただし、商用サイトやアフェリエイトでは、単純なアクセスの向上だけではなく収益や成約の向上が主目的になります。


このような分析や対策を打つ理由は、Webサイトを立ち上げてもアクセスがなかったり、問い合わせや成約がないと存在していないのと同じだからです。しかし、最初から完璧なWebサイトはありませんし、立ち上げた当初は問題も表面化していません。そのため、表面化していない問題点を見つけるためにGoogle アナリティクスが利用されています。


ただし、注意しなければならないのは、Google アナリティクスは問題点を直接教えてくれるわけではないということです。Google アナリティクスはアクセス解析結果、つまり問題点を探すためのヒントを提示しているに過ぎません。アクセス解析結果から、何が問題なのか、どのように改善すれば良いのかは自ら考えて答えを出す必要があります。

アクセス解析の仕組み

Google アナリティクスの仕組みを説明する前に、予備知識としてアクセス解析の仕組みを説明します。アクセス解析の仕組みは、ユーザがWebサイトにアクセスした際にユーザの環境情報や、閲覧したWebページに関する情報を収集し、解析を行っています※2。ユーザの情報を収集する方式は、"サーバログ型"、"パケットキャプチャ型"、"Webビーコン型(タグ埋込み型)" の3つに分類できます。それぞれの方式にはメリット・デメリットがあるため、導入する方式はWebサイトの目的や規模により異なります。

サーバログ型

サーバログ型は、Webサーバのアクセスログからユーザ情報を収集する方式です。アクセスログとは、いつ・誰が・どのファイルにアクセスされたか等を記録しているログのことです。アクセスログには、訪問者のIPアドレス、アクセスした日時、アクセスしたファイル、訪問者のOSやブラウザ情報などが記録されています。サーバログ型では、このような情報からアクセス解析を行います。

サーバログ型のメリット・デメリット
メリットデメリット
  • Webサイトに変更を加える必要がない
  • アクセスログがあれば、過去分のアクセス解析が可能
  • 特定のリソースや機器に依存しないため、汎用性が高い
  • アクセスログは情報量が多いため、リアルタイムの解析に向いていない

パケットキャプチャ型

パケットキャプチャ型は、Webサーバのネットワーク上の流れているデータ(パケット)からユーザ情報を収集する方式です。この方式は、ネットワーク障害を検知するためのパケット監視方法を応用したものです。Webサーバが接続されているスイッチやルータに、ミラーポートと呼ばれる特殊なポートを用意し、パケットの解析を行う装置を接続することでパケットを解析します。

パケットキャプチャ型のメリット・デメリット
メリットデメリット
  • Webサイトに変更を加える必要がない
  • リアルタイムに解析することが可能
  • SSLの暗号化通信でも復号化して解析することが可能
  • 解析装置の設置コスト、解析用のソフトウェア導入コスト、導入後の運用・保守コストがかかる

Webビーコン型(タグ埋込み型)

Webビーコン型(タグ埋込み型)は、Webページに埋め込まれた画像やコードによりユーザ情報を収集する方式です。Webページに埋め込まれた画像やコードが読み込まれたときに、アクセス解析用のサーバにユーザ情報が送られます。

Webビーコン型(タグ埋込み型)のメリット・デメリット
メリットデメリット
  • 収集したいユーザ情報を定義出来るため、柔軟性が高い
  • 複数のドメインを利用している場合でも解析が可能
  • ネットワーク機器やシステムの変更が不要で導入が容易
  • 解析対象としたい各Webページに画像やコードを埋め込む必要がある。特にページ数が多い大規模なWebサイトに後付けで導入する場合は、導入コストが大きい

Google アナリティクスの仕組み

Google アナリティクスはWebビーコン型(タグ埋込み型)に分類されます。Google アナリティクスでは、Webサイトに埋め込まれたトラッキングコードと、コンピュータに保存されたCookieを利用してアクセス情報を解析します。

トラッキングコード

トラッキングコードとは、Google アナリティクスから提供されるアクセス解析を行うためのプログラムコード※3です。アクセス解析の対象としたいWebページの<head>タグの最後にトラッキングコードを埋め込み、ユーザ情報を収集、および解析サーバへ送信します。


<!-- murashun.jpのトラッキングコード -->
<script>

(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

/* Webサイト別に固有の識別子(UA-XXXXXXXX-X)が割り振られる */
ga('create', 'UA-41925797-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');

</script>
 Google アナリティクスのトラッキングコード

トラッキングコードが読み込まれると、グローバル関数"ga"が作成されます。gaグローバル関数は、カンマ区切りのパラメータを与えることで、analytics.jsライブラリをコントロールする役目を担います。


gaグローバル関数に与える1つ目のパラメータはコマンドと呼び、Google アナリティクスに指示を与えることが出来ます。上記の例では、"create"でGoogle アナリティクスにデータを送信するためのトラッカーオブジェクトを作成し、"send"でデータを送信しています。


gaグローバル関数に与える2つ目のパラメータはフィールドと呼び、1つ目のパラメータであるコマンドに値を設定するオプションとなります。ただし、create コマンドの2つ目のパラメータには、Webサイトを識別するためのWebプロパティIDを設定する必要があり、フィールドは3つ目のパラメータに設定します。

Cookie

Google アナリティクスでは、Cookieに記録された情報を使用しています。Cookieとは、Webサーバが指定した情報を一時的にユーザ側で保存する仕組みです。ユーザ側で保存されたCookieをWebサーバ側で確認することで、ユーザの識別や、ユーザの動向に関する様々な情報を収集出来ます。


WebサーバからもらうCookieには、ファーストパーティCookieと、サードパーティCookieの2種類があります。訪問先のWebサイトと同じドメインから発行されるCookieをファーストパーティCookie、訪問先のWebサイトとは異なるドメインから発行されるCookieをサードパーティCookieと呼びます。例えば、Web広告などは訪問先のWebサイトとは異なるドメインから配信されているため、発行されるCookieはサードパーティCookieとなります。


サードパーティCookieは、訪問先以外のWebサーバから配信されるため、悪用されるケースがあります。アンチウイルスソフトではスパイウェアとしてブロックしたり、モダンブラウザではデフォルトの設定としてサードパーティCookieの受け入れを拒否しています。そのため、Google アナリティクスではサードパーティCookieを利用せず、ファーストパーティCookieを利用しています。


Google アナリティクスは、訪問先のWebサイトではなくGoogleのサーバと通信するため、サードパーティCookieと思われるかもしれません。しかしGoogle アナリティクスは、Javascript(analytics.js)で訪問先のWebサイトと同じドメイン上でCookieを発行しています。そのため、発行されたCookieはファーストパーティCookieとなります。

トラッキングデータの誤差

Google アナリティクスは前述の通り、JavascriptとCookieを利用してトラッキングデータを取得します。そのため、Javascriptの無効化やCookieの破棄、またはブラウザによるトラッキングの拒否設定などにより、トラッキングデータに誤差が生じます。トラッキングデータは、ユーザ環境による測定誤差が含まれることは避けられませんが、多少の誤差があっても問題点の発見や、動向の傾向を把握することは十分に可能です。

Google アカウントを作成する

Google アナリティクスを始めるには、Googleアカウント(Gmailアドレス)が必要になります。Googleでは、1つのアカウントで横断的にサービスを利用できるため、既にGoogleアカウントを所持していればGoogle アナリティクス専用のアカウントを新規に作成する必要はありません。

Googleアカウントの作成

Google アナリティクスのアカウント構成

Googleアカウントと混同しそうになりますが、Google アナリティクスにもアカウントがあります。Googleアカウントと区別するために、Google アナリティクスのアカウントはアナリティクスアカウントと記載します。アナリティクスアカウントは、統計情報を管理する最上位レベルの単位になります。アナリティクスアカウントの配下にはプロパティビューといった単位があり、階層構造になっています。

Google アナリティクスのアカウント構成
Google アナリティクスのアカウント構成


このような階層構造となっている理由は、複数のWebサイトや、複数のWebページに細かく分けて集計を行えるようにするためです。また、全ての情報にアクセスできる管理者や、限られた情報のみアクセスできる担当者が共存できるように、各階層単位で異なる権限をユーザ毎に設けることも可能です。

アナリティクスアカウント

アナリティクスアカウントは、プロパティ、ビューをまとめる最上位レベルの単位です。アナリティクスアカウントを作成すると、その配下のプロパティ、ビューも自動的に作成されます。また、アナリティクスアカウントとプロパティの関係は、1対1(1つのアナリティクスアカウントに1つのプロパティ)、または1対多(1つのアカウントに複数のプロパティ)の関係を設定できます。


1つのGoogleアカウントで、アナリティクスアカウントを25個まで作成できます。アナリティクスアカウントを削除した場合、その配下のプロパティ、ビューも削除され復元することはできません。

プロパティ

プロパティは、ビューをまとめる単位です。プロパティをアナリティクスアカウントに追加すると、データを収集するためのトラッキングコードが生成されます。トラッキングコードには、プロパティを識別するためのプロパティIDが組み込まれており、プロパティID単位にデータを収集します。例えば、2つのWebサイトを管理している場合、それぞれのWebサイトに同じプロパティIDのトラッキングコードを埋め込むと、合算してデータが収集されます。


1つのアナリティクスアカウントで、プロパティを50個まで作成できます。プロパティを削除した場合、その配下のビューも削除され復元することはできません。

ビュー

ビューは、アナリティクスアカウントにおける最下層の単位で、レポートの出力や、分析ツールを利用するための層です。プロパティ作成時に、何もフィルタしていないビューが自動的に作成されますが、その他に任意の設定を行ったビューの追加も可能です。例えば、2つのWebサイトに同じプロパティIDのトラッキングコードを埋め込んでいても、それぞれのWebサイト専用のビューを追加することで、データを分割することができます。


1つのプロパティで、ビューを50個まで作成できます。ビューは、プロパティ単位で収集したデータを任意の設定により絞り込んで表示しているため、ビューを削除してもデータを残すことができます。ただし、自動的に作成された "何もフィルタリングされていないビュー" を削除した場合、過去のデータは削除されます。 データを残す場合、ビューのコピーや追加を行い、"何もフィルタリングされていないビュー" はそのままにしておきましょう。

Google アナリティクスのユーザと権限

一般的に、Webサイトは規模の大小によって、複数の管理者、または担当者がいます。管理者や担当者は、それぞれ異なる権限を持ち、Webサイトの運営・管理を行っています。Google アナリティクスでは、アクセスレベル・操作レベルをユーザ別に細かく設定することができます。Google アナリティクスのユーザ権限レベルは、以下の4種類があります。

Google アナリティクスのユーザ権限一覧
権限の名称権限の内容
ユーザ管理ユーザの追加、削除、ユーザ権限の変更ができる権限です。ユーザの管理権限を持つユーザは、アナリティクスアカウント、プロパティ、ビューのどのレベルに何人でもユーザを追加することができます。
編集アナリティクスアカウント、プロパティ、ビューの追加、変更、削除、およびレポートに関する操作ができる権限です。編集権限を持つ場合、"共有設定"と"表示と分析"の権限も同時に持つことになります。
共有設定マイレポートやカスタムレポートの共同編集、およびセグメント機能やメモ機能などの分析用の機能(アセット)の作成、共有できる権限です。共有設定を持つ場合、"表示と分析"の権限も同時に持つことになります。
表示と分析レポートの表示・操作(テーブルにフィルタの適用、セカンダリディメンションの追加、セグメントの作成など)、個人アセットの作成、共有できる権限です。共有アセットは表示のみ可能で、操作することはできません。

権限は各階層単位に設定できます。上位の階層で設定した権限は、自動的に下位の階層に引き継がれます。例えば、プロパティの階層で編集権限を設定した場合、ビューの階層にも編集権限が設定されます。下位の階層で権限を設定した場合は、自動的に引き継がれる権限よりも優先されます。ただし、下位の階層で設定できる権限は、上位の階層で設定した権限より減らすことはできません。

アナリティクスアカウントの作成手順

Google アナリティクスを始める最初の手順は、アナリティクスアカウントを作成することです。Google アナリティクス公式サイトの右上にある"アカウントを作成"ボタンをクリックします。


Google アナリティクス公式サイト

アナリティクスアカウントを作成する
アナリティクスアカウントを作成する


Google アナリティクスで使用するGoogleアカウントでログインします。


Googleアカウントでログイン
Googleアカウントでログイン


画面の右側にある"お申込み"ボタンをクリックします。


お申込みボタンをクリック
お申込みボタンをクリック


アナリティクスアカウントの設定画面に遷移します。入力項目には以下のアナリティクスアカウントの設定一覧を参考に設定を行います。全ての設定が完了したら、画面下の"トラッキングIDを取得"ボタンをクリックします。


アナリティクスアカウントの設定画面
アナリティクスアカウントの設定画面


アナリティクスアカウントの設定一覧
設定項目設定値・選択肢説明
トラッキングの対象
  • ウェブサイト
  • モバイルアプリ
"ウェブサイト"は、自身が管理するHTMLのWebサイトをトラッキングします。"モバイルアプリ"は、AndroidアプリやiOSアプリの操作をトラッキングします。
トラッキングの方法以前は、"ユニバーサルアナリティクス"と、"標準のアナリティクス"の2種類から選択できましたが、現在はユニバーサルアナリティクスのみになりました。
アカウント名(任意のアカウント名)プロパティ、ビューをまとめる最上位の単位であるアナリティクスアカウントの名前を決めます。ここで設定したアカウント名は、後で自由に変更できます。
ウェブサイト名(任意のウェブサイト名)ウェブサイト名とありますが、実態はプロパティ名になります。ここで設定したウェブサイト名は、後で自由に変更できます。
ウェブサイトのURL
  • http
  • https
(解析対象のURL)
解析対象のウェブサイトのURLを入力します。"http"と"https"が選択できますが、通常のWebサイトではhttpを設定します。ここで設定したウェブサイトのURLは、後で自由に変更できます。
業種
  • アート、エンターテインメント
  • 自動車
  • 美容、フィットネス
  • 書籍、文学
  • ビジネス、産業市場
  • コンピュータ、電化製品
  • ・・・(中略)・・・
  • その他
解析対象のWebサイトが属する業種を選択します。業種選択は、データ共有設定オプションに同意した場合、データを業種別に集計される際に利用されます。ここで設定した業種は、後で自由に変更できます。
レポートのタイムゾーン(例) 日本、(GMT+09:00)東京レポートの日付のベースとなる国や地域のタイムゾーンを選択します。日本は複数のタイムゾーンを持たないため、タイムゾーンは(GMT+09:00)東京に固定されます。ここで設定したレポートのタイムゾーンは、後で自由に変更できます。
データ共有設定
  • 他のGoogleサービスのみ
  • Googleと他のサービス(匿名の形式)
  • テクニカル サポート
  • アカウント スペシャリスト
データをGoogleのサービスや、担当者と共有するか選択できます。ここで設定したデータ共有設定は、後で自由に変更できます。

Googleアナリティクスサービス利用規約が表示されます。利用規約を確認の上、"同意する"ボタンをクリックします。他の言語で表示されている場合は、画面左上から"日本"を選択すると日本語の利用規約が表示されます。


Googleアナリティクスサービス利用規約
Googleアナリティクスサービス利用規約


これで、アナリティクスアカウントの作成が完了しました。画面に表示されたトラッキングコードを解析対象のWebページに設置すれば、データの収集が開始されます。Webサイトの全ページを解析対象とする場合、全ページへの設置が必要です。


現段階では、トラッキングコードが設置されていないため "トラッキングがインストールされていません" と表示されています。トラッキングコードの設置手順については次章で説明します。


アナリティクスアカウントの作成完了
アナリティクスアカウントの作成完了

トラッキングコードの設置手順

Google アナリティクスにログインし、画面上のメニューから"アナリティクス設定"をクリックします。


アナリティクス設定画面
アナリティクス設定画面


画面中央のプロパティのトラッキング情報を開き、"トラッキングコード"をクリックします。


メニューからトラッキングコードを開く
メニューからトラッキングコードを開く


表示されている"トラッキングコード"をアクセス解析を行う全てのWebページに設置します。トラッキングコードを設置されていない場合、ステータスが"トラッキングがインストールされていません"と表示されます。


トラッキングコード
トラッキングコード


以下は、HTMLファイルにトラッキングコードを設置したサンプルコードです。トラッキングコードは、headタグを閉じる直前に設置することが推奨されています。

<html>
  <head>
    ・・・(中略)・・・
    <script>

/* トラッキングコードはheadタグを閉じる直前に設置しましょう */
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-41925797-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');

    </script>
  </head>
  <body>
    ・・・(中略)・・・
  </body>
</html>
 トラッキングコードを設置したサンプルコード

トラッキングコードのページからステータスを確認し、"データを受信しています"と表示されれば、成功です。ただし、正しく設置していても、ステータスが変化するまで時間がかかる場合があります。


トラッキングコードの設置完了
トラッキングコードの設置完了

まとめ

Google アナリティクスは非常に高機能で多くのWebサイトで導入されており、これからのWebサイト運営をサポートしてくれる心強いツールです。収集される情報からユーザの動向を分析し、Webサイトに潜む問題点を発見し、適切な対策を打つことで必ず品質が向上します。本ページでは導入部分までの説明をしましたが、使い方については別の機会に説明します。