iPhoneでGmailをプッシュ通知する設定方法

公開日:
更新日:
85,778iPhoneGmail

プッシュ通知とは

プッシュ通知とは、ユーザがアプリを起動していなくても端末に通知を送る仕組みです。iOS では、APNS(Apple Push Notification Service)というサービスが用意されており、APNSに対して通知を行うことで、ユーザに通知される仕組みとなっています。

iOS ではアプリの初回起動時に "通知の許可" を求められます。ユーザが通知を許可すると、APNSから固有のトークンが発行されます。このトークンがIDとなり、APNSに送られてくる通知に対して決められたデバイスとアプリにプッシュ通知を行っています。ユーザが通知を許可しない場合、トークンが発行されません。

iPhone で Gmail を利用する方法

iPhone で Gmail を利用している方は多いかと思います。しかし、多くの方が困っているように iPhone の標準メールアプリから Gmail のアカウントを登録してもプッシュ通知が行われません。iPhone で Gmailをプッシュ通知する方法はいくつかありますが、まずは最も簡単な Google 公式アプリ Gmail の利用する方法を見ていきます。Gmail を利用するには iTunes、または App Store から Gmail をダウンロード、インストールを行い、アプリを起動させましょう。

アプリを起動すると、ログイン画面が表示されます。Google アカウントが既に他の Google アプリと連動している場合は、アカウントの選択画面が表示されます。これから iPhone で 利用するアカウントを入力、または選択します。

Gmailアプリ1  Gmailアプリ2
Gmailアプリ

アプリの初回起動時には、使い方のツアーが用意されています。特に不要である場合は、スキップして受信トレイに移動することもできます。また、通知や連絡先へのアクセス許可も確認されるため、必要に応じて許可して下さい。その他、不明な点がありましたら、Google の公式ヘルプをご確認下さい。

Gmail 以外のアプリでもプッシュ通知に対応しているアプリはあります。例えば、Google が次世代のメールサービスとして発表した Inbox もプッシュ通知に対応しています。

Gmail vs 標準メールアプリ

Gmail を利用するには公式アプリが最も簡単ですが、問題点もあります。まず、iPhone には標準でメールアプリがインストールされています。そのため、Gmail をインストールすると、メールアプリが2つになってしまいます。また、他のアプリからメールアプリを起動する場合は、標準のメールアプリが起動するため、常に使うメーラーとしては使い勝手が良くありません。

標準のメールアプリでも Gmail のアカウントが選択できるように用意されていますが、こちらも問題点をかかえています。最大の問題点は、リアルタイムで通知されるプッシュ通知に対応していないことです。即時性が求められるメールアプリに、この問題点は致命的です。このため、どちらのアプリを利用しても一長一短ですが、標準のメールアプリでGmailをリアルタイムで利用できる方法を次章から説明していきます。

Google Syncの終焉

close button [1] まだ生きてます
有料(US$50/年)のGoogle Apps for Government, Business, Educationアカウントは、Google Syncを新規に利用できます。

Google Syncは、Googleのメールやカレンダーなどを、パソコンや携帯電話と同期するサービスです。2009年2月に正式リリースされましたが、2013年に冬の大掃除(Winter cleaning)によって、仕分けされてしまいます。享年4年弱。惜しいサービスほど短命であることを象徴しているかのようです [1]

Google Syncは、iPhoneとGmailをつないでいた唯一のサービスでした。Google Syncを利用すれば、リアルタイムでメールが受信できていたのに、Google Syncが終了することで恩恵を受けられなくなるため、iPhoneとGmailを利用しているユーザにとってGoogle Syncのサービス終了は一大事でした。

代替手段その1 - icloud.com を利用する

Google Syncの復活を願ってやみませんが、仕分けされたものは仕方ありません。iPhoneでGmailをリアルタイムに受信するために、Google Syncに替わる以下の条件をすべて満たす代替手段とします。

  • リアルタイムで受信できるプッシュ通知が利用できること
  • 標準メールアプリのみ使い、他のアプリをインストールしない
  • 差出人のアドレスがGmailであること(相手の返信先アドレスもGmail)

方法としてはシンプルで、Gmailをプッシュ通知が可能なドメインに転送するだけです。この方法は、Gmail以外にもう1つメールアドレスが必要になります。本記事では、icloud.comのメールアドレスを例に説明します。転送先のicloud.comのメールアドレスをお持ちでない方は、icloud.comのメールアドレスの取得を終えてから次章の手順に進んで下さい。 ただし、icloud.comのメールアドレス取得手順は割愛しています。

ただし、この方法ではキャリアメールの絵文字が文字化けする問題点があります。 この問題点を回避する方法は、後述する "代替手段その2 - Outlook.com を利用する" を参照して下さい。

Gmail の転送設定 - icloud.com の場合

Gmail の設定から"メール転送と POP/IMAP"を選択し、"転送先アドレスの追加"ボタンをクリックします。

Gmailの転送設定
Gmailの転送設定

"転送先のメールアドレス"を入力し、"次へ"をクリックします。

Gmailの転送設定2
Gmailの転送設定2

転送先のメールアドレスに"確認コード"が送られるため"確認コード"を入力し、"確認"ボタンをクリックします。

Gmailの転送設定3
Gmailの転送設定3

転送設定で"受信メールをXXX(使用中)に転送して"を選択し、IMAPアクセスで"IMAPを有効にする"が選択されていることを確認してから、画面下部の"変更を保存"ボタンをクリックします。これで Gmail の転送設定は完了です。

Gmailの転送設定4
Gmailの転送設定4

iPhone の設定方法 - icloud.com の場合

設定から"メール/連絡先/カレンダー"をタップし、"アカウントを追加"をタップします。既に追加済みのアカウントを編集して設定することもできますが、プッシュ通知にならない場合がありました。そのため、アカウントの新規追加から設定を進めます。

設定からメール/連絡先/カレンダーをタップ  アカウントを追加をタップ
iPhone の設定 1

"その他"をタップし、"メールアカウントを追加"をタップします。

その他をタップ  メールアカウントを追加をタップ
iPhone の設定 2

新規アカウントの設定は、下表を参考に各項目を設定し、"次へ"をタップします。

新規アカウントの設定  新規アカウントの設定
iPhone の設定 3
新規アカウントの設定一覧
設定項目設定値説明
名前(任意の名前)送信者の名前を設定します。
メール(利用するGmail)利用するGmailを設定します。
(@以降も入力します)
パスワード(利用するGmailのパスワード)利用するGmailのパスワードを設定します。
説明(任意の説明)新規追加するアカウントの説明を設定します。
(受信側) ホスト名imap.mail.me.comicloudのIMAPホスト名を設定します。
(受信側) ユーザ名(受信するicloud.comのアカウント)icloud.comのアカウントのみ設定します。
(@以降は入力不要です)
(受信側) パスワード(icloud.comのパスワード)icloud.comのパスワードを設定します。
(送信側) ホスト名smtp.gmail.comGmailのSMTPホスト名を設定します。
(送信側) ユーザ名(利用するGmail)利用するGmailを設定します。
(@以降も入力します)
(送信側) パスワード(Gmailのパスワード)利用するGmailのパスワードを設定します。

上記の設定例では、送信側ホストのSMTP認証でエラーになる場合があります。 下表を参考に設定を確認し、必要な対処を打つことで認証をクリアできます。

close button [2] OAuth2.0
オープンプロトコルのセキュアな認証方式(API認可)。リソースへのフルアクセスは行わず認可された範囲でのみアクセスする方式。
GoogleのSMTP認証エラーの原因と対処
原因対処
安全性の低いアプリのアクセス設定が"無効"になっている。
OAuth2.0 [2] 未対応のメーラーからのアクセスは、"安全性の低いアプリのアクセス"と判断され、認証エラーになります。
安全性の低いアプリのアクセスの設定を"有効"にする。
Googleアカウントのセキュリティメニューから安全性の低いアプリのアクセス設定を"有効"に変更します。後述するURLから設定の変更ができます。
2段階認証が"有効"になっている。
2段階認証が有効の場合、通常のパスワード指定では認証エラーになります。
2段階認証を"無効"、またはアプリパスワードを指定する。
Googleアカウントのセキュリティメニューから2段階認証を"無効"にする、または後述するURLから16桁のアプリパスワードを生成し、通常のパスワードの代替として指定します。
Googleアカウントがアクセスブロックされている。
GoogleはGoogleアカウントにセキュリティ上の危険性がある場合(第三者からのアクセスや、簡易なパスワードを使用している等)や、特定のGoogleアカウントからの頻繁なアクセスに対してはブロックする場合があります。
Googleアカウントのアクセスブロックを解除する。
Googleアカウントのブロックを解除する場合は、後述するURLから解除できます。

"保存"をタップします。これで設定は完了です。

保存をタップ
iPhone の設定 4

プッシュ通知となっているか確認します。"データの取得方法"をタップし、追加したGmailのデータ取得方法が"プッシュ"となっていれば確認は完了です。自分のGmail宛にメールを送って、プッシュ通知が成功するか確認してみましょう。

データの取得方法をタップ  Gmailでプッシュ通知
iPhone の設定 5

代替手段その2 - Outlook.com を利用する

Gmailからicloud.comに転送する方法ではメールにキャリアメールの絵文字が含まれる場合、iPhoneの標準メールアプリで受信するとこのような文字化け [3] を起こします。

close button [3] Unicodeの私用領域
Unicodeには外字を定義する領域(私用領域)があります。この不思議な文字は、各キャリアが絵文字を定義しているU+E000~U+F8FFの範囲において表示する文字がない場合に代替表示される文字(Last Resort Font)です。
キャリアメールの文字化け
キャリアメールの文字化け

文字化けの原因は、文字コードと各メーラーの仕様の違いによるものです。Gmailは絵文字付きのメールを返信・転送をする場合、文字化けを起こさないように絵文字を画像ファイルとして添付しています。しかし、Gmailから他のアドレスに自動転送する場合、画像ファイルが添付されないため、絵文字部分は文字コードになります。icloud.comは、私用領域の文字コードを絵文字に変換できないため、上記の代替文字に文字化けを起こしていると考えられます。

そのため、iPhoneの標準メールアプリで絵文字にも対応する方法が代替手段その2になります。

  • リアルタイムで受信できるプッシュ通知が利用できること
  • 標準メールアプリのみ使い、他のアプリをインストールしない
  • 差出人のアドレスがGmailであること(相手の返信先アドレスもGmail)
  • キャリアメールの絵文字が受信時・返信時に文字化けしない

方法としては、Gmailをプッシュ通知が可能、かつ絵文字が文字化けしないドメインに転送するだけです。この方法では、Gmail以外にOutlook.comのメールアドレスが必要になります。転送先のOutlook.comのメールアドレスをお持ちでない方は、Outlook.comのメールアドレスの取得を終えてから次章の手順に進んで下さい。 Outlook.comのメールアドレス取得手順は割愛します。

ただし、この方法ではブロッキングされる一部のメールが文字化けする問題点があります。 Outlook.comでは、業者等から送られてくる広告付きのメールは全文表示されず、安全に閲覧できるように一部の表示をブロッキングしています。このブロッキングが原因で、標準のメールアプリでは文字化けが発生します。この問題点は icloud.com では発生しませんが、Outlook.com では回避する方法は見当たりません。

Gmail の転送設定 - Outlook.com の場合

Gmail の設定から"メール転送と POP/IMAP"を選択し、"転送先アドレスの追加"ボタンをクリックします。

Gmailの転送設定
Gmailの転送設定

"転送先のメールアドレス"を入力し、"次へ"をクリックします。

Gmailの転送設定2
Gmailの転送設定2

転送先のメールアドレスに"確認コード"が送られるため"確認コード"を入力し、"確認"ボタンをクリックします。

Gmailの転送設定3
Gmailの転送設定3

転送設定で"受信メールをXXX(使用中)に転送して"を選択し、IMAPアクセスで"IMAPを有効にする"が選択されていることを確認してから、画面下部の"変更を保存"ボタンをクリックします。これで Gmail の転送設定は完了です。

Gmailの転送設定4
Gmailの転送設定4

Outlook.com の設定方法

Outlook.comにログインし、右上の歯車アイコンから"オプション"をクリックします。

outlook.comの設定画面1
outlook.comの設定画面1

アカウントの管理にある"メール アカウント"をクリックします。

outlook.comの設定画面2
outlook.comの設定画面2

"送信専用メール アカウントの追加"をクリックします。

outlook.comの設定画面3
outlook.comの設定画面3

差出人としての"名前"、Gmailの"メールアドレス"、Gmailの"パスワード"を入力し、"次へ"をクリックします。

outlook.comの設定画面4
outlook.comの設定画面4

設定完了画面からオプションのページに移動し、アカウントの管理にある"メールアカウント"をクリックします。

outlook.comの設定画面6
outlook.comの設定画面6

規定の"差出人"アドレスをGmailに設定してWebメール側は完了です。次はiPhone側の設定を行います。

outlook.comの設定画面7
outlook.comの設定画面7

iPhone の設定方法 - Outlook.com の場合

設定から"メール/連絡先/カレンダー"をタップし、"アカウントを追加"をタップします。既に追加済みのアカウントを編集して設定することもできますが、プッシュ通知にならない場合がありました。そのため、アカウントの新規追加から設定を進めます。

設定からメール/連絡先/カレンダーをタップ  アカウントを追加をタップ
iPhone の設定1

"Outlook.com"をタップし、"メール""パスワード""説明"を入力し、"次へ"タップします。

outlook.comをタップ  outlook.comをタップ
iPhone の設定2

"保存"をタップしてiPhone側の設定は完了です。最後にプッシュ通知となっているか確認します。再度、"メール/連絡先/カレンダー"から"データの取得方法"をタップし、追加したOutlookのデータ取得方法が"プッシュ"となっていれば確認は完了です。自分のGmail宛にメールを送って、プッシュ通知が成功するか確認してみましょう。

outlook.comをタップ  outlook.comをタップ
iPhone の設定3

まとめ

iPhoneの標準メールアプリでGmailを使う方法を2つ紹介しましたが、いかがだったでしょうか?いずれの方法も Gmail の他にもう1つのメールアドレスが必要になります。icloud.com か Outlook.com のどちらのメールアドレスを選ぶかは、それぞれのサービスの特性や、使い勝手などを考慮して自分にあったものを使いましょう。

上矢印 ページトップに戻る